2014年05月13日

岩崎さんの納骨

日曜日、荼毘に付された岩崎さんの御遺骨は
ご自宅に安置されました。

御遺骨は分骨されて

フィリピンと日本の両方で埋葬されます。

日曜日から言葉が見つかりません。
何も書けないまま放心状態です。

お参りできない方の為にお写真を撮らせて戴きました。

DSC02999.JPG

多分、私の人生の中で
最大級のショックな出来事じゃないかと思うほどです。

更に、日本人の心を忘れた連中・・・

ネット上で知ったかぶりする人・・・

偉そうに能書きを言う人・・・・・・

この事件を利用してランクを上げようとする人や
素材を無断で使用する無神経で非常識な人・・・

取り敢えずは、何処からのものとか但し書きくらい
つけることはできるはずです。

日本が弱体してくるのも不思議ではありませんね。

匿名をいいことに言いたい放題するのは
控えるべきです。

まぁ、控えないんだろうけどね・・・

こういう人達に天罰が下ることを
心の底から祈ります。

ニュース報道の誤りも多いですね。
不要な憶測をいれるべきではありません。

どうせ、分かりっこないんですから。

まるで井戸端会議ですよ、恥を知れ!!

事実だけを正確に伝えなければならないって
基本中の基本ですよねぇ〜

フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 10:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2014年05月10日

安置所の写真

岩崎さんの御遺体が安置されている
写真を掲載致します。

昨晩、奥さまの許可を得て撮影させて戴きました。

写真掲載の理由は、岩崎さんと親交があり、
明日行われる葬儀に参列できない方の為です。

何人かの方からリクエストがございました。

私の存じ上げない方も大勢いらっしゃると
思いますので、掲載することに致しました。

マニラでお別れできない方の為に。

DSC02970.JPG


DSC02965.JPG


DSC02969.JPG


DSC02966.JPG


DSC02967.JPG


DSC02964.JPG


これ以上クローズアップされた御遺体の写真を
ご希望の方は、メールにてご連絡下さい。


5月11日(日)午前8時半から
最後のミサが行われます。

引き続き午前10時から火葬です。

最後のお別れに是非、ご参列なさって下さい。

合掌

フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 15:22 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

私は犯人を許さない

罪を憎んで人を憎まずと言いますが
私は、岩崎さん殺害の主謀者を絶対に許さない。

いかなる理由であっても、あの優しい岩崎さんの命を奪い
ご家族を悲しみのどん底に落とし入れた犯人を許さない。

開けて土曜日ですが、金曜日は
ご夫婦の結婚記念日だったそうです。

こんな悲しい結婚記念日を経験させられた奥さま、
本当にお気の毒で言葉がありません。

突然の悲報で驚き、茫然自失・・・悲しみ・・
今は、怒りの気持ちが、ふつふつとお腹の底から
湧き上って来るようです。
 
仇討制度の復活を強く願います。

人を殺めたら己の命も断てっ!!

フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 02:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

道順・・・追加

先日のHeritage Parkへの
道順ですが、今晩、通った時に、
一つ、言い忘れたことに気づきました。

マッキンリーからボニファシオ・グローバル・シティに
入った最初の信号を右折しますと、
その後、信号を二つ超えます。

前回のお知らせでは、信号を一つ越えてと書きましたが
実は、二つありました。

いずれにしても直進で、バヤニ通りを左折です。

悲しみと怒りで混乱した頭でのお知らせで
不十分でしたことをここにお詫び申し上げます。


それから、色々な憶測や批判めいたことを
ネット上に書いて面白がっていらっしゃる方が
おられる様ですが、死者に鞭打つ様な行為は
控えて下さい。

傷心でいらっしゃるご遺族の皆様にも
これ以上、辛い思いをさせるような行為は
直ちに止めましょう。

亡くなられた岩崎さんは被害者なんですよ。

首謀者並びに実行犯が責められるべき立場ですから
その辺を取り違えないように。

そして、人様の不幸を面白がって
あること、ないこと、自分の想像で仰る人も
結局、ご自分の品性を疑われますよ。

自重して下さい。

フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 01:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年05月08日

お悔やみの花を送りたい方へ

岩崎さんの安置されているチャペルに
ご供養のお花を贈りたい方への情報です。

これは、私のビジネスではありません。

とても良いサービスだったので
安心して、皆様にお知らせすることが出来ます。


昨年末に会社を整理してスタッフの居ない私は、
果たして自力で、葬儀用のお花(スタンド式)を
注文することが出来るか・・・・内心焦っておりました。

しかし、そんな根性では何も進みません。

そうだっ!オンラインで注文できないかしら。

パニックの中でも脳の一部は機能していたようです。

まずは、葬儀社で花を取り扱っているかを聞く。

葬儀社のスタッフは、自社では扱っていないということで
一番近くはマーケット・マーケットにある花屋さんという
ことでした。

ネットで検索したら、ありました!!

Redsa's Flowershopです。

電話番号は、0906−553−4919

ここに電話を掛けるか、テキストをして
ご予算に応じて、お花を注文します。

送り先と送り場所。慣れているせいか
Heritage Parkと言えば、
直ぐに分かってくれます。

送り主の名前を告げて、リボンの片側に
お悔やみの言葉を。

これも慣れているので、
アイデアを提供してくれます。

金額は、2500ペソから色々あります。


次にすることは、入金です。
BDOという銀行です。

口座番号:002060483081
口座名:Redsa's Flowershop

花屋さんは、入金確認後、直ぐに配達してくれます。
配達が終わると、ちゃんと、テキストで届けたことを
知らせてくれます。

そして、配達した際の受取人署名付きの納品書を
メールで送っています。

更に、チャペルに置かれたフラワー・スタンドは、
配達した人が写真を撮ってくれてメールで
その写真を送ってくれます。

ここで、ちょっと、つまずきが・・・

忙しすぎて写真を加工してメールする時間が
ありませんが、出来次第、直ぐに送ります
というメッセージが入りました。(惜しい)


テキストの応答も非常に良好。

やればできるんじゃないか、フィリピン人!!

いつも文句ばっかり言っている私ですが
今日は100点満点の花丸(二重丸)です。


今後は、自力で、あちこちにお花を届けることが
出来る様になりました。

岩崎さん、亡くなった後でも、未だ私を助けて下さる。
本当に親切な方です。

貴方様には、本当に心から感謝しております。

感謝しても感謝しきれないぐらいお世話になりました。


突然、あちらの世界に行かれて、
ご本人も驚かれていると思いますが、
きっと、ご両親と再会されていることでしょう。

そして、あちらから、必ず、
ご家族を見守っていらっしゃると思います。

合掌

フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

岩崎さんの葬儀

故岩崎宏さんの御遺体と対面して参りました。

最後のお別れに行かれたい方の為に
詳細をお知らせ申し上げます。

場所:Premiere Chapel C
Heritage Park
Bayani Road, Fort Bonifacio, Taguig City

本日から日曜日まで安置されています。

最後のミサは、5月11日(日)午前8時半
火葬は、午前10時の予定。

ヘリテイジ・パークへの道案内:

EDSAからMackinly通りを真っ直ぐ進み
フォートに入ったら直ぐに右折。
一つ目の信号を超えて、暫く進むと
左手にGYMNASIUMの看板は見えますので
そこを左折。そこがBayani通りです。

この道をずっと真っ直ぐ進むと下り坂になります。
下って右にカーブすると、ヘリテイジ・パークの
入り口に入るスロープがあります。

ゲートからは、真っ直ぐ進み、右にカーブして
直進すると、少し下りが始まります。
下らずに左手を見ると、チャペルの建物があります。

ゲートのガードマンに岩崎さんと告げると、
チャペルCの場所を教えてくれます。
左手側に曲がれる道を2本超えた3本目と
教えてくれました。

24時間、訪問が可能ですので、お時間の御都合次第で
最後のお別れに行かれてはいかがですか?

あんなに優しくて真面目な方が、こんなことになるなんて
悔しくてたまりません。

フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 04:57 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2014年05月07日

訃報

本日は、悲しいお知らせです。

皆様も、よくご存じのフレンドシップツアー社の

岩崎宏さんが他界されました。


詳細は未だ分かりませんが、

昨晩、帰宅時にオートバイに乗った

二人組の武装犯に銃撃されたということです。


20年来、私が知る限りの岩崎さんは、

真面目で勤勉で、曲がったことの嫌いな心の優しい

立派な日本人です。


絶対に人から恨みを買う様な方ではありません。


ショックが大きすぎて

何を書いているのか分かりませんが

取り急ぎお知らせさせて戴きます。


ご遺族の皆様は、家族思いのお父さんを突然、

失われ、筆舌に尽くし難い思いでいらっしゃると

思います。本当に、御愁傷様です。


岩崎さまのご冥福を心から

お祈り申し上げます。



フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 16:17 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月14日

戦友との再会

1月16日、91歳で人生の幕を下ろした
小野田寛郎氏の秘蔵写真が公開されました。

フィリピンのルバング島で孤独な29年間の
任務期間を経てフィリピンで投降された
小野田氏の写真などが一般公開されました。

3月12日に行われた「小野田寛郎お別れの会」
には、およそ二千人の人が靖国神社に集まって
故人を偲びました。

『靖国で会おう』という合言葉で散華された
多くの英霊と再会された小野田氏の御霊は、
きっと安らかに永久の眠りにつかれたことと
思います。


小野田氏がラスト・サムライとならない様に、
現代の大和男児は、その心をしっかりと
受け継いで下さることを心から願います。

英霊となった小野田氏が日本を見守っていて
下さることをお祈りすると共にご本人の御霊が
安らかである様に現代に生きる私達は、世界に
誇れる日本を築いていくことに努力を惜しまず
先人に恥ずかしくない日本人であることを
お約束致しましょう。




フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 04:54 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月07日

凄いビデオが公開されました!

中国がどういう国なのか
また、日本国領土を守ろうとしたら、どう攻められるのか
そして、日本国内で支那人が暴れだしたら、
日本国民は、どうなるのか
このビデオを観ると想像できます。

日本のメディアは、まず、こういうビデオを
公開しないでしょうね。

何故、隠すんだっ!!(怒)


1988年、中共の海軍船は、南シナ海の
領海を守ろうとして国旗を掲げて
腰まで水に浸かり、その岩礁を
死守しようとしたベトナム人達に対して
情け容赦なく発泡し、射殺した。

そして、ベトナム輸送船2隻を沈没させた。


もう、唖然・・・

映画じゃないですよ。

尖閣諸島でも起こり得る状況だと思います。


もう一本は、ウイグル人の人刈り・・・

平和に暮らしていたら、ある日、中国兵士が
人刈りを開始して何の罪もない人々を逮捕。


何の罪?存在していることだけで罪となる?


ウイグル人が気の毒で、見ているだけでも
かなり気分が悪くなるビデオですが、
我々、日本人も他人事ではないと思います。

私達、日本人も、そろそろ中国共産党が牛耳る
ファシスト国家の現実を知るべき時だと
思いましたので、ここにご紹介致します。


以下、そういうものから目を背けたい方は
動画をごらんにならないで下さい。

嫌なことから目を背けたい人は、
どうぞ、そのまま平和を信じて、
お花畑の中で、お暮らし下さい。


支那在住の邦人の皆様は、
一刻も早くご帰国をご検討下さい。


日本の親中、親韓の政治家には今後、
絶対に投票しないで下さい。

日本への移民受け入れを止めて
現在日シナ人、韓国人、北朝鮮人の
怪しげな人達を強制送還して下さい。


真面目に日本を心配する皆様は、
以下、チャンネル桜の番組の中で
紹介されている動画ですので、
番組ごと、そのままご覧下さい。




フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 02:28 | Comment(10) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月04日

強姦魔と言われてますが・・・

いやはや・・・・
最近の情報戦争、日本は形勢不利ですね。

アメリカで慰安婦の碑を建立したそうですが、
常軌を逸した出来事です。


えっ?慰安婦は山盛り居たし、今も居るのに
売春婦を奨励する?それとも同情する?
わかりませんねぇ〜・・・・

えっ?その慰安婦さんじゃないんですね。


な、な、なんとっ!
例の言葉刈りグループのお得意な造語。

「従軍慰安婦」の碑なんだそうですよ。

軍隊に属す慰安婦なんてものは無かったのに。
軍人が利用した慰安所はあったけど、
ちゃんとお金のやり取りがあるビジネスですよ。

軍に属していた女性って
「従軍看護婦」の間違いじゃないですかっ!!


慰安婦さんは要するに売春婦。

戦争で忙しい軍隊が、いくら男ばかりでも
売春宿の経営にまで手を出すわけがない。

命懸けで戦っている組織ですよ。
まぁ、必要悪だとしても、
安全な売春宿を利用することはあっても
軍隊が置屋を経営する暇なんかないでしょう。

ましてや、女性を捕らえてくるなんて
有り得ないですよ。(日本軍に関しては)

食料調達なら、まだしも、女刈りですか?
もう、発想が笑っちゃいますよ。

軍隊の行くところ、軍人の居るところで
商売しようとしている連中が女性を集めて
春を売っていたのです。

料金も階級によって異なっていたそうで
ちゃぁ〜〜んと春を買うシステムで
売春婦は、置屋の経営者にもよるだろうけど
お駄賃は戴いていたんです。

「性奴隷」とかいう言葉も飛び交ってますが
奴隷にお金を払いますか?

中には、
借金のカタに売られた人もいるだろうし
騙されて連れてこられた人もいる。

嫌なのに我慢して辛かった人も居たでしょう。

そういうのは民間の置屋か、その下請けが
そういう非道な方法で集めたわけでしょう。

プロの売春婦は、
喜んで戦地へ出向いて、お仕事をして、
帰国した人は、家を建てる程でしたから
しっかり稼がれたということですよね。

楽しそうな笑顔の売春婦の写真を見たことが
ありますが、誰も悲壮な顔していません。

そのことは、前にも書いたので今日は省略。


驚いたのは、フェイスブックです。
そこに投稿するフィリピン人の若者。
その青年達のコメントなんです。

日本から戻ってきた友人へのコメント

「日本から帰ってきた奴は、
みんな強姦魔になっているんだぞ」


え〜〜〜〜〜っ!!何を言っているんですか?

最初は、話が通じませんでしたが、
聞いてみると、

「米国で慰安婦の碑を建立することが
認められたということは、
日本人の男は、強姦魔だということだっ!!」


ほんと、頭、わるいのねぇ〜と思ったけど
愚かな大衆は、そういう見方をするのです。


まずは反撃。

強姦事件はゼロではなかっただろうけど
世界で一番軍律の厳しい日本国軍は、
その様な事件を起こした兵士を直ぐに
軍法会議にかけて処罰していたのよっ!

韓国がひっちゃきになって
戦時中の日本人は、こうだったとか、
ああだったとかってデマを飛ばしていて
米国で有権者になった韓国団体が
力をつけてきただけの話なんだからねっ!!


こちらフィリピンでは
日比混血児は、教室で肩身が狭い。

日本人の血が流れていることに
誇りが持てない。
可哀想じゃありませんか?

フィリピン人教師は、フィリピン人小学生に
「日本兵は、赤ちゃんを空に放り上げて、
銃剣に串刺しにしたのよぉ〜、怖いわねぇ〜」と
見たように話す。


・・・・本当に、いい加減にして下さいよ。


最初はため息ついていた程度だったけど
時間が経過すると共に、段々、腹が立ってきて、
血液が体内で逆流するが如く、
やり場のない怒りがこみ上げてきました。


そろそろ、日本人も暢気にしていないで
草の根レベルで、韓国や中国の捏造話を
嘘なんだぞと言いふらし回らないと
情報戦争で完全な敗戦国になってしまいます。


超っむかつくぅ〜〜〜っ!!(激怒)

フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記