2013年01月06日

日本のための正しい歴史認識

またまた産経新聞の記事からです。

5日土曜日の明け方の記事です。
紹介したかったけど、寝てしまいました・・・

・・・で、既に皆様、手遅れかもしれないけれど、
今からご紹介しますね。

正しい歴史の認識についてなんですが、
これってだいじですよねぇ〜


「安倍談話」 国益損なう歴史認識正せ 2013.1.5 03:32

安倍晋三首相が歴史問題に関する
日本政府の立場について、
平成7年の「村山談話」に代わる未来志向の
新たな「安倍談話」を発表する方針を打ち出した。

「植民地支配と侵略」への
「お詫(わ)びの気持ち」を強調した
村山富市首相談話は政府の対中、対韓外交を萎縮させ、
度重なる謝罪や非常識な賠償要求の要因ともなってきた。

謝罪外交を断ち切り、外交を立て直す上で、
談話の見直しは不可欠な作業といえる。

国家観にもかかわる正しい歴史認識を
明確に示そうとする安倍氏の積極的判断を
評価したい。

安倍氏は昨年12月31日付産経新聞の
単独インタビューで、新たな談話を
「21世紀にふさわしい未来志向」の
ものと位置付けた。

国際社会に正確な史実を
理解してもらうための努力は
極めて重要だ。

村山談話は日本が「過去の一時期」に
国策を誤ったと断罪した。

だが、その時期については特定せず、
「終戦の日」に唐突に閣議決定するなど、
内容も手順も問題の多い談話だった。

菅義偉官房長官は昨年末、
第2次安倍内閣でも談話を踏襲する
考えを示した。

だが、安倍氏は衆院選前から談話を
見直す意向を語っており、
村山談話を破棄しないものの、
有識者の議論など手順を踏み、
新内閣の歴史問題への姿勢を
明確に示そうという狙いだ。

また、根拠なしに
慰安婦強制連行を認めた平成5年の
河野洋平官房長官談話についても、
第1次安倍内閣で閣議決定した
政府答弁書の存在を強調している。

答弁書は「政府が発見した資料には
軍や官憲によるいわゆる強制連行を
直接示すような記述は見当たらなかった」
という内容だ。

河野談話に事実上の疑義を呈した
答弁書の意味について、
さらに説明していくことが重要だ。

3日付の
米紙ニューヨーク・タイムズ社説は
「歴史を否定する新たな試み」と
安倍氏を酷評した。

だが、明確な根拠もなしに
「右翼民族主義者」などと
決めつけることこそ
おかしいというべきだ。

米国内の「安倍たたき」については
「危険な右翼とする日本メディアの
見立てを輸入したもの」と
反論する知日派も少なくない。

安倍氏は無理解や偏見にひるまずに、
国益を損なう歴史認識や
事実の誤りを正し、理解を求める
外交努力を続けてもらいたい。

前から凄く気になっていたんです。
日本の正しい歴史。

支那や韓国がインネンつけるために、
あれやこれやと作り話をするし
それをさも本当の様に思い込ませる為に
後押しする日本人もいる。

どんどん話がややこしくなっちゃった。

ほんと、何が真実かわからなくなってしまう。

それを後押しする売国政治家達・・・

・・・・早くお棺にはいりなさい。


安倍総理の考え方は行動に反映されていて
非常に慎重に前進されている様なので
安心感があります。

ここでコケたら
敵視している奴らに大笑いされちゃいますからね。

今のところ、え〜?なんでぇ〜?という
不満は無い。私はね。

確実に目的達成する為に、
慌てずに、でも一歩ずつでも前進する。

海外でも「極右」だとか
レッテルを貼られているけど
それほどに左に偏ってしまっていた日本。

真ン中あたりで穏やかな保守でも
危険な右傾化とか言われちゃう。

そういうことを思う人は
自分の市民サヨク的な思想には
気づけないんだろうな・・・・

戦後教育のたまものです。

私なんか目からウロコが落ちた時、
思わず叫んだ「青春を返して!」と。

学生時代、若者に必要となる大切な歴史を
正確に教えてもらえなかった気がする。

無意味に謝ってばかりじゃ〜

フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 06:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61250380

この記事へのトラックバック