2012年08月15日

上陸されちゃったじゃないの!!ヽ(`Д´)ノ

やっぱり・・・香港からの船に乗っていた人達が
尖閣諸島で島に上陸しちゃったでしょ。

領海侵犯した時点で取り押さえないからさ・・・・ヽ(`Д´)ノヽ(`Д´)ノ

産経新聞の記事です。



尖閣上陸は活動家7人 
船で突っ込み岩場に飛び移る 海保が事情聴取
2012.8.15 17:58

香港の活動家が乗船している抗議船「啓豊二號」が
15日、沖縄県・尖閣諸島の魚釣島を目指して
日本の領海内に侵入した問題で、
海上保安庁に入った情報によると、
同日午後5時29分に7人が上陸した。

海保によると、船で島に直接突っ込み、
岩場に飛び移ったとみられる。

現在、海上保安官ら関係者が
7人から事情を聴いている。
外国人の上陸は平成16年3月以来。


抗議船は尖閣諸島の西側から接続水域に入り、
時速約15キロで東に向けて航行を続けた。

海保の巡視船は領海から出るよう
無線などで警告しながら並走したが、
抗議船は警告を無視。

活動家らは魚釣島近くで抗議船を停泊させ、
上陸した。

7人のうち2人は抗議船に戻ったという。

香港の衛星テレビによると、
活動家らは中国国旗を立てた。

活動家が所属する団体のホームページによると、
抗議船は12日に香港を出港。14人が乗船していた。



竹島騒動に気を取られている内に
今度は尖閣ですから・・・・

もぐら叩きゲームみたいだわ。

中国は確か少し静かにする旨、発表しましたよね。

どこが・・・・・静か?
虎視眈々とはこのことを言うのです。


他のニュースでは、海に飛び込んでから
泳いで上陸したと書いてありました。

野田が先に上陸して、その場で逮捕すれば
支持率があがったのにね・・・・

密入国者ってことになるのかな・・・・?

で、単に、強制送還ですか?

活動家を装った民兵という噂もあります。

これについて、
また、遺憾に思うで終わりですか?

フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 18:49 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
シュガーさん こんにちは

出入国管理法違反で、全員を逮捕した点には評価します。

が、海保と警察の対応では危険です。
何故 海自を出動させて、領海侵犯の時点で、勧告の上 威嚇射撃しなかったのか?対応に疑問がある。

もし、警官が死傷するようなことが発生してたら・・・
もし、民間人を装った支那兵だったら・・・

今日のニュースで、起訴せずに強制送還するそうです。
法令に則るなら、起訴すべきでしょう。

また、来ますね。
Posted by sabangbato at 2012年08月16日 12:00
sabangbatoさん、こんにちは。
コメントを有難うございます。

領海侵犯時点で食い止めろという指示が
あったのかどうか知りたいです。

不法上陸絶対阻止という指示があったのでしょうか?

強制送還・・・まるで出来レースみたいですね。

例の船舶激突事件の船長と同じ。
帰国したら英雄扱いでしょうね。

少し投獄して欲しいんですけどね・・・
Posted by Sugar at 2012年08月16日 14:11
シュガーさん どうもです。

映像をみたのですが、海保の船2艇が支那船を挟み、進路を妨害するようにしてましたよ。

台湾は入国を拒否したそうですし、事前に対応策を練る時間は十分にありました。

先の漁船の時と同様に、起訴もせずに強制退去処分とは緩すぎますね。

どうせ支那朝貢外交の仙石と官房長官で決めたことなのでしょうね。

一刻も早い総選挙の実施を!
Posted by sabangbato at 2012年08月16日 15:13
sabangbatoさん、こんにちは。
コメントを有難うございます。

ある専門家は、あえて上陸させたと言ってます。上陸する意志の有無を明白にする為にだそうです。

領海侵犯だけで充分じゃないですか?

悪質な侵犯ですから強制退去なんか駄目です。

船の内部は、どうだったのか・・・
工作船だったかも発表して欲しいですね。

Posted by Sugar at 2012年08月16日 15:50
本当の敵は身内なのかもしれませんね。
Posted by KEN at 2012年08月16日 23:25
KENさん、今晩は。
コメントを有難うございます。

仰る通り身内の内部犯行・・・ですね。

比国内で日本人に騙されるみたいな感覚。

えっ!お前が!!って驚くような人が
悪人だったりするんですよね。

困ったものです。
Posted by Sugar at 2012年08月17日 23:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57601155

この記事へのトラックバック