2012年08月12日

森本って最低・・・馬鹿丸出し

竹島問題に気を取られていると
北方領土の件や尖閣諸島の件への意識が薄れそう・・・

まずは、時事ドットコムが報じたニュースから。

尖閣で「決戦」避ける
=中国指導部が一致−香港誌

【香港時事】香港誌・亜洲週刊の最新号は、
中国指導部がこのほど、尖閣諸島の領有権問題について、
どうしてもやむを得ない事態に至らない限り
武力による「決戦」は絶対に避けるべきだとの認識で
一致したと報じた。

指導部は河北省の避暑地・北戴河で尖閣問題を協議。
中国経済の発展を妨げないようにするという原則を
確認した上で、日本側との「闘争」は続けるが、
焦り過ぎず、経済的手段により
日本をけん制するとの方針を決めた。

この方針は既に中国外務省内部で伝達されたという。 

また、同誌によると、これに関連して、
中国外務省報道局長や駐仏大使などを歴任した
同省外交政策諮問委員の呉建民氏は
「世界には多くの矛盾があるが、
軍事的解決は強権政治であり、
21世紀の今は受け入れられないだろう」
と語った。(2012/08/11-19:00)


なんかさぁ〜
白々しい感じがするんですけどね・・・・

強気に出たり、弱腰に出たり、あの手この手だから
中国のことを信じてはいけません。

虎視眈々と狙っていることに、かわりないのです。

昨日も書いたけど、
森本防衛相の台詞、明確なのがありました。


平成24年8月10日(09時31分〜09時50分)
に行われた大臣会見概要の質疑応答です。

Q:竹島の話に戻るのですが、この時期に韓国の大統領が
竹島入りするという動きがあることそのものについて、
大臣ご自身どのようにお考えでしょうか。


A:日本の防衛政策というのと少し次元の違う話なので、
個人的な印象を申し述べるのは控えたいと思いますし、
防衛省・自衛隊がこの問題にすぐに何かしら
対応するということではないので、
そういうことも特段のコメントは控えたいと思います。

普通日本人の方が普通に考えられて、
これはやっぱり韓国の内政上からくる要請によるものだと
皆さんが感じておられるとおりの印象を
私は個人としては持っておりますが、
それは韓国が内政上の判断で
お決めになったことだと思います。


(中略)

Q:先程の竹島に関する感想のところで
「内政上の要請だ」というふうにおっしゃったのですが、
それは大統領がそのような要請で
動かれているという見方なのですけれども、
その上で大臣は
そのことについてどのようにお考えでしょうか。


A:それは全ての国に内政があって、
日本にも日本の内政があって、他の国の内政に
他の国がとやかくコメントすることは
控えるべきことなのではないかと思います。



やっぱ馬鹿だわね。

何を怯えているんだか・・・・
責任逃れしか頭に無いってことです。

思いっきり、
とっちめてもらわないとなりません。


こんなのが大臣・・・それも国防・・・(ーー゛)

こいつが就任した時、
野党の間でも評判が良かったんじゃないの?

人を見る目の無い猿ケ島で
政治ごっこしている人達。

そんなのに投票しちゃった大間違いの有権者・・・

間違いは、誰にでもありますからね、
ドンマイ、ドンマイ・・・なんちゃって(#^.^#)

だけど、繰り返すのは愚か者ですからね。


だいたいね、前に、ロシア人が勝手に
日本国土に足を踏み入れた時に、
ロシアの駐日大使に抗議して、
駐ロシア大使も一度日本に戻してます。

自国民が自国を歩き回って
どこが悪いんじゃ!とか言われちゃって・・・

もぉ〜っ!!ヽ(`Д´)ノ

だからね、今、また同じ手をうっている。

学習能力が無いってことなのよねぇ〜。

注意や抗議なんて、
あの人達にとっては屁の河童。

蚊に刺される方が、よっぽど嫌だって。
少々のことでは何も感じない人達です。

相手が懲り懲りするような処分をしないと
本気で乗っ取られるよ。

っていうか、何十年もよく自分の領土を
実力で支配されちゃっているままで
平気でいる神経が、わっかんなぁ〜い!!

それどころか経済援助とかしちゃって
入国査証もユルユルにしちゃって
何をやっているのやら・・・ですね。

さっさと、追い出したら?

うかうかしていると、次は、中国が
しゃしゃり出てくるでしょう、絶対に。


大臣や政治家は、お猿じゃないんだから
ちゃんと仕事して欲しいもんですね。

えっ?お猿なの?(汗)

李容疑者と一緒に竹島に行った馬鹿どもは
二度と、日本の土が踏めない様に
日本でウロウロしている韓国人達を
今月中に強制送還して、
スワップなんか無かったことにして・・・

そういう話し合いをサッサとしたら、
どうなんだっ!

野田も中途半端は、もう、おやめ!

どうせ、後がないんだから
最後に日本史上に残るほどのお手柄を
あげた方がいいと思いませんか。


とにかく、今の日本人達は、
思想が同じじゃなくてもいいけど
日本国民として、どちらも
反日であってはならないということを
肝に銘じないとなりません。

フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 04:50 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
シュガーさん こんにちは。

防衛大臣のこの発言だけ聞くと、竹島はまるで韓国領土だと受取られる内容ですよね。

想像ですが、韓国大統領は事前に米国の承認を得ていて、日本には米国から連絡を受けていたのではと思います。

韓国大統領は竹島入りの要件としては、自身の退任後の逮捕危機を回避するための国内世論の人気取りだと泣きを入れて米国側を説得したんでしょうね。

大使の召還だとか国際司法裁判所への提訴発言等、民主にしてはあまりに手回しが良すぎますものね。

その上で、外交上韓国にとって著しく利益を損なう竹島入りの愚行は、一国の責任者が己の保身のためでけに行うことに呆れた見解を示したものではとも思います。

日本は頂いたチャンスを最大限活かし、あらゆる手立てを尽くし、竹島奪回を謀るべきです。

ロシアも日本の出方を伺っていることでしょしね。
Posted by sabangbato at 2012年08月12日 16:53
sabangbatoさん、こんにちは。
コメントを有難うございます。

ブロガーによっては、今回の竹島入りは
日本政府も合意していた筋書きだと
書いている方もいらっしゃいます。

私はどんな筋書きだとしても、
それを最大限にいかして国益を考えるのが
政治家の仕事だと思うのです。

別に、李容疑者が
逮捕されようが、されまいが関係ないし
だからって人気取り行為に加担する必要も
全然ありませんよね。

仰る通り、このチャンスを最大限に生かして
竹島奪回すべきです。
支配されて半世紀以上になるんですから。


Posted by Sugar at 2012年08月12日 18:52
Sugarさん
お久しぶりです!お盆も仕事で中々連絡も出来ずに申し訳ありません。
何か嫌な流れを感じる今日この頃です。
日本国内での相次ぐリストラや原発問題で食えない人が溢れてきています。ちょうど第二次世界大戦突入前といった感じを受けます。職の無い人が軍隊に入り、余った廃棄用核燃料でミサイルを作り、人員輸送用の船・飛行機増産。資源の無い国ですが2年も有れば立派な軍事大国に早変わり出来そうです。間違いなく他国はそう見ています。先月妻と一緒にソウルに行ってきました、15年前とはだいぶ違っていました。失業率も高いみたいで昼間からゴロゴロしている人が目立ちましたが、日本よりは活気がありましたよ!日本人は伝統を忘れていますが、彼らは時刻の伝統を解っています。それは比国でも良く感じるのですが口では言い表せません、表現力が無く申し訳ありません。
日本人は貨幣経済に踊らされ過ぎて自分を見失っているのです、もう少し個人個人が貧しくなれば上記の様な事も起こりえますが、この句の官僚は江戸時代からの生かさず殺さずを進化させて国民を操作しています。現代日本人は何かが崩れないと目が覚めないと思います。
取留めの無い文章でごめんなさい。
Posted by モーガン at 2012年08月13日 08:50
モーガンさん、こんにちは!
お久しぶりですね、コメントを有難うございます。

仰る様に、日本人は、
韓国人のバイタリティを見習うべきです。

フィリピンにいる韓国人社会も元気で活気があります。

結局、戦後の反日思想教育が
最も大きな問題ではないかと思います。
自国を愛せない国民を生み出し続けて何十年・・・


Posted by Sugar at 2012年08月13日 14:30
モーガンさん、何だか返信がダブってしまった。
さっき表示されなかったのでエラーかと思ってました。

フィリピンもゴロゴロが多いんですけど(笑)
仰る通り、在比韓国人社会もバイタリティがあって
活気があります。見習わないと・・・

日本の政治家、官僚は自己保存しか
考えてませんから国家崩壊が目の前に
迫っているので、のんびりできません。

確かに・・・失業したら国軍入隊・・・
でも、年齢制限もありますよね・・・兵隊にならなくても何か仕事はあるはずですね。

私は、戦後の反日教育が全ての根幹であり、
これを正さないと、本当に大変なことになると心配しています。

日教組撲滅!!父兄や保護者がもっと真剣にならないと、
教師は、密室をいいことに、教室内で、あの手この手で不要な教育をしています。
Posted by Sugar at 2012年08月13日 18:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57553240

この記事へのトラックバック