2012年06月06日

東京都内の中国大使館関連施設

5月31日チャンネル桜で
『民間防衛、東京都内の中国大使館関連施設の確認』
という番組が放送されました。

李春光1等書記官によるスパイ疑惑が
大きく報じられていますが、
この事件は氷山の一角に過ぎず、
中国側の諜報工作は日本社会に
網の目のように張り巡らされていると
見なければなら-ない様です。

工作拠点にもなりうる都内に点在する
中国大使館関連施設を
「頑張れ日本!全国行動委員会」の
上薗益雄氏がレポートしています。


下の動画が観づらい方は、
YouTubeでご覧下さい。


それにしても、何だか不気味な話です。

しかし、話だけではなく事実なので怖いですね。









フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 15:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
シュガーさん こんばんは。

支那領内は個人の土地所得が認められてません。
大使館敷地であろうと同様です。

外交の相互主義の視点からすると、日本も比国並みに
外国人の土地所得を相互主義に則り、禁止すべきです。

・・・都心にスパイ養成所なんて日本を舐めてますね。
Posted by sabangbato at 2012年06月06日 18:54
sabangbatoさん、今晩は。
コメントを有難うございます。

日本って何を考えているのか理解に苦しみます。

危機意識が無いから危機管理も無く・・・

査証規制もゆるゆる〜ですよね。

フィリピンは国土を全て外国人に所有されてしまう
という恐れを充分、認識していると思います。

中国や韓国に舐められている日本でいることを
気にしない日本国民が多いのも問題ですね・・・

Posted by Sugar at 2012年06月06日 20:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56285768

この記事へのトラックバック