2012年05月30日

外国人に愛される日本その4

これでもかと言うほどに
外国の著名人が日本を絶賛しています。

良くお読み下さいね。嬉しいし・・・引き締まります。


・・・・・・・・・


日本人は
わがポーランドとは全く縁故の遠い異人種である。

日本はわがポーランドとは全く異なる地球の
反対側に存在する国である。

しかも、わが不運なるポーランドの児童に
かくも深く同情を寄せ、
心より憐憫の情を表わしてくれた以上、
われわれポーランド人は
肝に銘じてその恩を忘れることはない。

われわれの児童たちをしばしば見舞いに来てくれた
裕福な日本人の子供が、
孤児たちの服装の惨めなのを見て、
自分の着ていた最もきれいな衣服を脱いで
与えようとしたり、
髪に結ったリボン、櫛、飾り帯、
さては指輪までもとって
ポーランドの子供たちに与えようとした。

こんなことは一度や二度ではない。
しばしばあった。

ポーランド国民もまた高尚な国民であるが故に、
われわれは何時までも
恩を忘れない国民であることを日本人に告げたい。

日本人がポーランドの児童のために
尽くしてくれたことは、
ポーランドはもとより米国でも広く知られている。

ここに、ポーランド国民は日本に対し、
最も深い尊敬、最も深い感銘、最も深い感恩、
最も温かき友情、愛情を持っていることを伝えしたい。
[ヤクブケヴィッチ(ポーランド極東委員会副会長)]

・・・・・・・・・

日本人は必要にして有益な場合、
その器用さと発明心を発揮する。

そして勤勉さにおいて、
日本人は大半の民族の群を抜いている。

彼らの鋼や金属製品は見事で、
木製品はきれいで長持ちする。

その十分に鍛えられた刀剣と優美な漆器は、
これまでに生み出し得た他のあらゆる製品を
凌駕するものである。

農夫が自分の土地にかける熱心さと、
そのすぐれた耕作に費やす労苦は、
信じがたいほど大きい。
[ツュンベリー]

・・・・・・・・・

アジア、すでに敵に向かい、蜂起せり 
己を捨てて全力を尽くす
連合国を粉砕せんと 
玉散ることもいとわず
進め 進め 義勇軍 
アジアとインドネシアの英雄 
清き東洋に幸あれ
古きアジア 不幸に苦しむ 
烈しき圧制に 幾世紀も忍ぶ
大日本 雄々しく立てり 
アジアを救い 我らを守る
進め 進め 義勇軍 
アジアとインドネシアの英雄 
清き東洋に幸あれ
[インドネシア祖国防衛義勇軍のマーチ]

・・・・・・・・・

日本の戦争責任を問うならば、
それより以前、非人間的な支配と
収奪をつづけた欧米の宗主国の責任は
どうなるのか。

日本が来たことで植民地支配から解放され
近代化がもたらされた。
[マハティール(マレーシア首相)]

・・・・・・・・・

有色人種が先天的に劣っているという誤解を
日本が打破してくれた。

日本が有色人種を白色人種の奴隷から
救ってくれるので、
有色人種は日本を指導者として従い
我々の夢を実現しなければならない。
[ウィリアム・デ・ボイス(アフリカ解放の父)]

・・・・・・・・・

日本人の間には、罵倒、呪詛、悪口、非難、
侮辱の言葉がなく、また戦争、借用者、
海賊の名目をもってなされる場合を除けば、
盗みは行なわれず、窃盗行為はひどく憎悪され、
厳罰に処せられる。
[ヴァリニャーノ]

・・・・・・・・・

パリもニューヨークもローマも忘れてしまえ。
グルメの本場は東京なのだ。
[ロイター通信(ミシュラン東京版発売の報道)]

・・・・・・・・・

日本人は造園芸術にかけては世界一ともいうべく、
彼等はあらゆる事象の美しさをたのしむらしく見えた。
[モース]

・・・・・・・・・

私は、日本人ほど自分の子どもを
かわいがる人々を見たことがない。

子どもを抱いたり、背負ったり、
歩くときには手をとり、
子どもの遊戯をじっと見ていたり、
参加したり、いつも新しい玩具をくれてやり、
遠足や祭りに連れて行き、
子どもがいないといつもつまらなそうである。
[イザベラ・バード]

・・・・・・・・・

欧米諸国は日本が侵略戦争を行ったということを
歴史にとどめることによって、
自分らのアジア侵略の正当性を
誇示する目的であったにちがいない。

日本の子弟がゆがめられた罪悪感を背負って、
卑屈、退廃に流れていくのを、
私は平然と見過ごす訳にはゆかない。

誤られた彼らの宣伝を払拭せよ。
誤られた歴史は書き換えられなければならない。
[ラダ・ビノード・パル(極東国際軍事裁判判事)]

・・・・・・・・・

日本は国際法に照らし、全被告は無罪である。
[ラダ・ビノード・パル(極東国際軍事裁判判事)]

・・・・・・・・・

人々が正直である国にいることは実に気持がよい。
私は決して
札入れや懐中時計の見張りをしようとしない。

錠をかけぬ部屋の机の上に、
私は小銭を置いたままにするのだが、
日本人の子供や召使いは
一日に数十回出入りしても、
触ってならぬ物には決して手を触れぬ。
[モース]

・・・・・・・・・

第一に、私たちが交際することによって
知りえた限りでは、
日本人は今までに発見された国民のなかで
最高であり、
日本人より優れている人びとは、
異教徒のあいだでは見つけられないでしょう。

彼らは親しみやすく、
一般に善良で、悪意がありません。

驚くほど名誉心の強い人びとで、
他の何ものよりも名誉を重んじます。

大部分の人びとは貧しいのですが、
武士も、そうでない人びとも、
貧しいことを不名誉とは思っていません。
[フランシスコ・ザビエル]

・・・・・・・・・

日本国民は有能で、秀でた理解力を有し、
子供達は我等の学問や規律をすべてよく学びとり、
ヨーロッパの子供達よりも、はるかに容易に、
かつ短期間に我等の言葉で読み書きすることを覚える。

また下層の人々の間にも、
我等ヨーロッパ人の間に見受けられる粗暴や
無能力ということがなく、
一般にみな優れた理解力を有し、
上品に育てられ、仕事に熟達している。
[ヴァリニャーノ]

・・・・・・・・・

昭和23年の国会で
教育勅語がとりやめになったのは残念です。

教育勅語で日本の教育が成長したんです。

父母に孝に友に、夫婦相和し朋友相信じ…。
もういっぺん日本は教育勅語をやり直すべきです。

日本には教育勅語がないから、
夫婦相和さず、離婚率が高いのです。

朋友が信じないから「いじめ」が絶えないのです。

外国は日本の弱体化を図って
この教育勅語を外してしまった。

それを日本人は知らないが、これは間違っている。
どこにも軍国主義的なところはない。
教育勅語は人間の人間たることを
明治天皇がお示しになったまでです。

一旦緩急アレバ義勇公ニ奉」ずる精神が失われたから
「陸軍記念日」も祝われず、
国会で謝罪決議さえ行うのです。

台湾には、大和魂があるから、選挙の時に
中共(中華人民共和国)から台湾沖に
ミサイルを三発撃ち込まれても、
ビクともしませんでした。

能登半島沖に北朝鮮から
ノドン一号が打ち込まれましたが、
日本の反応はいかがでしたか。
[許国雄]

・・・・・・・・・

日本がキリスト教に改宗するなら、
道徳やそのほかの面で得るものは何もないが、
失うものは多いといわねばならない。

これは、公平に日本を観察してきた多くの
見識者の声であるが、私もそう信じて疑わない。
[ラフカディオ・ハーン]

・・・・・・・・・

神道は西洋科学を快く受け入れるが、
その一方で、西洋の宗教にとっては、
どうしてもつき崩せない牙城でもある。

異邦人がどんなにがんばったところで、
しょせんは磁力のように不可思議で、
空気のように捕えることのできない、
神道という存在に舌を巻くしかないのだ。
[ラフカディオ・ハーン]

・・・・・・・・・


4日目になりますが、いかがですか?

上記の外国人の様に日本のことを
ちゃんと理解している日本人って
あまり、いらっしゃらない様な気がします。

・・・というか・・・

今の日本を前提にしたら勿論、
この様に理解することは無理ですよね。

現代の日本人は、
昔の日本人のことをもっと知るべきですね。

フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 00:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
Sugarさん!こんばんわ
4回も色々な話を載せていただきありがとう御座います。
現代を生きる日本人として先人に合わす顔が無い事を痛切に感じました。
この国やこの国の人が変わるのを待ったり祈ったりするのではなく、自分が変わろうと思います。一度きりの人生ですから地下で眠っている人に自慢出来るような人生を歩む事にします。先の話で恐縮ですが、11月の22日からそちらへ行こうと思っています。ビートルズセッションは可能でしょうか?日曜日に日本に戻ります。
Posted by モーガン at 2012年05月30日 22:58
モーガンさん、今晩は。
コメントを有難うございます。

4回どころか、まだ続いちゃいます。

11月ですか・・・引越し先が落ち着けば可能なのですが・・・・

頑張って間に合わせますねっ!

でも、実は期待薄なんです。

Posted by Sugar at 2012年05月31日 01:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56138422

この記事へのトラックバック