2012年05月27日

外国人に愛される日本その2

引き続き外国人に愛されるている日本人です。

こういうことを小学校の授業で教えて欲しかった。

日本人が日本人を誇りに思えないのは
自虐史観を植えつけられたから・・・

そういう教師逹って鬼ですね。教員免許剥奪!!(怒)


・・・・・・・・・

日本人は、いずれも色白く、きわめて礼儀正しい。
一般庶民や労働者でも
その社会では驚嘆すべき礼節をもって上品に育てられ、
あたかも宮廷の使用人のように見受けられる。

この点においては、東洋の他の諸民族のみならず、
我等ヨーロッパ人よりも優れている。
[ヴァリニャーノ]

・・・・・・・・・

アジアの希望は植民地体制の粉砕でした。
大東亜戦争は私たちアジア人の戦争を
日本が代表して敢行したものです。
[ナチール(インドネシア元首相)]

・・・・・・・・・

日本の生活にも、短所もあれば、愚劣さもある。
悪もあれば、残酷さもある。
だが、よく見ていけばいくほど、
その並外れた善良さ、
奇跡的と思えるほどの辛抱強さ、
いつも変わることのない慇懃さ、素朴な心、
相手をすぐに思いやる察しのよさに、
目を見張るばかりだ。
[ラフカディオ・ハーン]

・・・・・・・・・

日本人は自分の子弟を
立派に薫育する能力を持つてゐる。
ごく幼い頃から讀み書き、法制、國史、
地理などを教へ、大きくなると武術を教へる。

しかし一等大切な點は、
日本人が幼年時代から子弟に忍耐、質素、禮儀を
極めて巧みに教へこむことである。

われわれは實地に
この賞讃すべき日本人の資質を
何度もためす機會を得た。
[ゴロヴニン]

・・・・・・・・・

日本軍がもたらした
『大和魂』のような考え方をもつことは、
独立のためにどうしても必要でした。

日本軍政下の訓練の結果、日本が降伏した後、
英国人が戻ってきて
植民地時代よりも悪質な独裁的制度を
マレーシアに課そうとしたとき、
人々は立ち上がったのです。
[ノンチック(元マレーシア上院議員)]

・・・・・・・・・

この村落は、美術の中心地から
遠く離れているというのに、この宿の中には、
日本人の造型に対するすぐれた美的感覚を
表してないものは、何ひとつとしてない。

花の金蒔絵が施された時代ものの
目を見張るような菓子器。

飛び跳ねるエビが、一匹小さく
金であしらわれた透かしの陶器の盃。

巻き上がった蓮の葉の形をした、青銅製の茶托。

さらに、竜と雲の模様が施された鉄瓶や、
取っ手に仏陀の獅子の頭がついた真鍮の火鉢までもが、
私の目を楽しませてくれ、
空想をも刺激してくれるのである。

実際に、今日の日本のどこかで、
まったく面白味のない陶器や金属製品など、
どこにでもあるような醜いものを目にしたなら、
その嫌悪感を催させるものは、
まず外国の影響を受けて作られたと思って間違いない。
[ラフカディオ・ハーン]

・・・・・・・・・

この国に来られた日本のある学校の先生は、
「日本軍はマレー人を虐殺したに違いない。
その事実を調べに来たのだ」と言っていました。

私は驚きました。

「日本軍はマレー人を一人も殺していません。」
と私は答えてやりました。

日本軍が殺したのは、戦闘で闘った英軍や、
その英軍に協力したチャイナ系の抗日ゲリラだけ
でした。
[ノンチック(元マレーシア上院議員)]

・・・・・・・・・

日本人は信用すべしと認められる。
彼らは第一の目的である名誉に邁進する。
また恥を知るを以て漫に他を害うことは無い。
彼らは名誉を維持するためには喜んで生命を捨てる。
[フランソア・カロン]

・・・・・・・・・

我々インドネシア人は
オランダの鉄鎖を断ち切って独立すべく、
350年間に亘り
幾度か屍山血河の闘争を試みたが
オランダの狡知なスパイ網と強靱な武力と
苛酷な法律によって圧倒され壊滅されてしまった。

それを日本軍が到来するや、
たちまちにしてオランダの鉄鎖を断ち切ってくれた。

インドネシア人が歓喜雀躍し
感謝感激したのは当然である。
アラムシャ(インドネシア元第三副首相)

・・・・・・・・・

日本はどんな悪いこ事をしたと言うのか。
大東亜戦争で
マレー半島を南下した時の日本軍は凄かった。
わずか3ヶ月でシンガポールを陥落させ、
我々にはとてもかなわないと思っていた
イギリスを屈服させたのだ。

私はまだ若かったが、
あの時は神の軍隊がやってきたと思っていた。

日本は敗れたが英軍は再び取り返すことができず
マレーシアは独立したのだ。
[シャフィー(元マレーシア外務大臣)]

・・・・・・・・・

この短い一言、一言ですが、読んでいると
胸がドキドキしてきます。

そんな立派な先人が守った日本国は、
今や、酷い状態になってしまっています。

いったい、誰の責任なのでしょうか?




フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 21:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
シュガーさん、こんばんは。

戦争に負けたことはしかたないにしろ、
民族の誇りを捨てさせられたのは嘆かわしいです。

日本人は残虐で悪者だから、原爆・空襲
で、殺したんだと米国を正当化する占領政策、
プロパガンダによって歪められたのではと思います。

真珠湾を占領しとけば、もう少し上手く
負けれたかもと思ったりしますけどね。
Posted by sabangbato at 2012年05月28日 21:54
sabangbatoさん、今晩は。
コメントを有難うございます。

誇りを持てない様な教育を受けましたからね・・・

戦略関係は勉強不足で全然、分かりませんが、
敗戦時の交渉で役立ったかもしれないということですか?

日本人って、そもそも残虐性が無い国民だと思うのです。
そういう日本を残虐な国だと主張する隣国って、自分達の残虐レベルで話を作っていますよねぇ〜

残虐内容に凄く違和感がありますもの。
Posted by Sugar at 2012年05月29日 02:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56100146

この記事へのトラックバック