2012年03月06日

歴史の捏造を信じないでねっ!

だいたい、中学校の社会科では
戦争の時代を詳しく教えてもらった記憶が無いのです。

その前の歴史は覚え難い同じ様な名前の人が
代々出てきたりして、興味の無い私には苦痛な授業。

今、思うと、教え方にも問題があったんだと思う。
歴史の人物に興味が持てないんだから年号の暗記大会。

数字の嫌いな私は年号を覚えるのも嫌だった。


新しい歴史の教科書を見ると、それは楽しい。
こんな教科書で勉強したかったわと思ったけど手遅れ。


戦争については、
はい、何年に戦争が始まって、何年に終わりました。

これだけですよ。OMG!

でもね、嘘を教え込まれなかっただけセーフだった。

それと、教師を妄信しない家族の中で育ったのも
凄くラッキーだったと思います。


それにしても、外国、それも近隣諸国が
我が祖国、日本の歴史を捻じ曲げていることについて
いい加減にせよと叱ってもいいんじゃないんですか?

まして、日本国民の血税で海外支援をしているんですから
どしどし、その国の教科書の内容にコメントすべきです。

コメントするどころか、されちゃってますけどね。(苦笑)


名古屋市の河村市長が普通に、
南京大虐殺なんか無かったと発言されたことで
大きな波紋が広がっている様ですが
当たり前のことを言うと、騒ぎが大きくなるって何ですか?

誰が騒ぎを大きくしているのか・・・マスコミですね。

だいたい、12月13日に南京城が陥落して、
その月末日には、南京に電気、水道が復旧しているんですよ。

年が明けるころには「ネオン」もついてしまいます。

日本国兵士には、命令も下されず、何も理由もないまま、
何十万人もの支那人民を殺してるヒマなんか無かったんです。

そういうことをしたと主張する人から、
そういうことをした理由を聞きたいですね。

日本の兵隊さんは何処へ行っても評判が良くて
世界一、規律正しい軍隊なんですから
突然、そんな気が狂った行為をするわけがないのです。


そして、私の住んでいるフィリピンも激戦地だったから
色々な話が捏造されてます。


英米仏独からなる国際委員会も
日本に対して感謝状を贈っているそうです。

安全区にいる非戦闘員を守ってくれてありがとう、
と書かれているんだそうです。

書いたのは委員長だったジョン・ラーベさん。

<私どもは貴下の砲兵隊が
安全地区を攻撃されなかったという美挙に対して、
また同地区における中国民間人の援護に対する
将来の計画につき、
貴下と連絡を取り得るようになりましたことに対して
感謝の意を表するものであります>

という書簡が現存しているんだそうです。


そういえば、私達の野田首相も失言してますね。

「この問題は、南京と名古屋市に任せる」

まったく卑怯者の首相を持った我が国はお気の毒。
こんな無責任で売国精神を持つ人が首相なんです。


「約100キロの道のりを歩かせた」とされる「死の行進」。
でもね、実際には、
マリベレスからサンフェルナンドの88キロ。

フルマラソンの約2倍の距離を5日間で歩いただけのこと。

武装解除後だから重装備は持たず、手ぶらで
炎天下を歩いただけなんですけど、
アメリカ兵の捕虜2千人が倒れたとなっているそうです。

大袈裟すぎませんか?

フレンドシップ・ツアーの企画では、
毎年、皆さんが歩いてますよ。

昭和17年に「比島従軍記南十字星下」が出版されます。

向井潤吉氏が書いた同著には「投降の敵将校に紅茶の接待」
というキャンプションの写真も載ってます。

水どころか、日本軍は捕虜に紅茶を沸かしてあげていたとわかる。
「死の行進」には、なんと「ティータイム」があったのです。
米兵の姿はシャツ1枚で、まるでピクニックの軽装。

同行していた日本軍兵士は大きな背嚢と銃を担いでいました。

「1日25キロも歩かされた」と不満を漏らすけど、
日本陸軍には「六キロ行軍」というのがあるんだそうです。

1時間に6キロ歩くんですよ。
行軍だから数十キロの重装備を担いで歩くのです。

こういうことって習わなかったんですよねぇ〜全然。

こんなことで本間中将は銃殺刑に処されたのです。

だから、マニラに住んでいらっしゃる方は
お時間が合ったら本間中将終焉の地へ行って下さい。

昔は、お嬢様が何日間か滞在されて
日中はずっと、
お父様の最後の場所でお時間を過ごされていました。

段々、お参りする方も減ってしまっている今、
現代を生きる私達がお墓参りを続けていければと願います。

隣には、お子様のいらっしゃらなかった山下奉文大将の
終焉の地もございます。


今回は、勉強不足の私としては、虹の会の副会長さんの
ブログが大変に参考になりました。

もっと詳しくご覧になりたい方は
↓をクリックして下さい。
虹が消えるまで

素晴らしいお話が楽しく読めます


フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 00:19 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
Sugarさん
おはよう御座います。
やはりシュガーさんの文体は読み易いです!ついついもっとって思って引き込まれてしまいます。文体もそうですが、実物も魅力的で知性の有る方なので、もっともだと思いますがいつも大変勉強になるブログ楽しみです!これからも頑張って続けて下さいませ<(_ _)>
最近中々連絡する事も出来ずに申し訳ありません!仕事も忙しいのですが、転職等色々と問題が有りまして頭がパニックになっています。落ち着いたら早々に連絡します。(転職が絡むので渡比日程が組めない状況です。)
それでは!!
Posted by モーガン at 2012年03月06日 08:12
シュガーさん こんにちは。

>歴史の捏造を信じないでねっ!

はい、信じてません。
過ちを繰返さないためには、歴史を正しく検証する必要があると思ってます。

南京大虐殺はシナの愛国教育とGHQの日本占領政策
原爆投下・空襲による非戦闘員の虐殺を正当化するためのプロパガンダです。

あるなら遺骨等の証拠を出せ!です。
写真のインチキはばれてますし、証言も信憑性に欠け
証言を証明する証拠もありません。

どうやら、村山談話等が足かせになってるようですが、
誤りだったと訂正すればよいだけです。

最近、保守を称する政治家が増えてますが、
親米保守・親中保守・親韓保守等 訳が解りません。

保守とは、あくまでも日本の国益にのっとることだと
思ってましたが親米・・・?
矛盾してますでしょう。

もっとも岡崎トミ子議員みたいに、所謂「従軍慰安婦」の
反日集会に参加することが国益となると論ずる
大馬鹿者もいますがね。

シナも一体何時まで謝罪を要求するのでしょうか?
日本軍と戦った蒋介石は後になって、国民党軍側が
仕掛けたと回想を残してますが。
Posted by sabangbato at 2012年03月06日 17:23
モーガンさん、今晩は!
コメントを有難うございます。

褒めて頂いて恥ずかしいです。
ちなみに、知性はありませんから。(恥)

転職されるんですか?
パニックにならないで深呼吸して下さいね。

3月頃に東京のほうでジャミングされる予定でしたが大丈夫ですか?

また、是非、遊びに来てくださいね♪


Posted by Sugar at 2012年03月06日 23:47
sabangbatoさん、今晩は。

素晴らしいコメントを有難うございます。

私も保守、保守と言っている人達に
首を傾げたくなることが多々あります。

まずは自分の国の国益を優先すべきなのに、外国に媚びるのは、本来の日本人の態度ではありませんよね。

臆病保守か、勘違い保守、
又は売国似非保守ですよね?

うぅ〜〜・・・もっとまともな人達が
声をあげないと・・・・
手遅れになりそうで怖いです。
Posted by Sugar at 2012年03月06日 23:53
こんにちは。
小さな事を大きく炊き上げるマスゴミに大きな責任があります。
それを書いてる記者、日教組全盛時代の申し子ですね。
インターネットが無かったら、ただただ捏造された事件を鵜呑みにし、それに反した事を言えば変人。
(戦時下であれば銃殺.....)
こんな中で育った人間がマスゴミで記事を書き、あおり、そして議員で、国家の舵取りしてるんですから怖いですね。

今日もまたアホな事件がありましたね。
海上にある無人島(当然日本国有!)に名前を付けた、との記事。
やっと海上警察権が及ぶと思っていたら、なんと尖閣列島を除くだと!
この馬鹿さ加減。
インフルエンザの熱よりカッカときますね。
(いま隔離され中です)

また来月、マバラカットの神風フィールドの清掃に行きます。
帰りに寄らせて下さいね。
英霊は怒ってる、いや嘆いてるでしょうね。
日本人の名前を付けた元他国人が国会議員に何名いるか。
その人間たちがどの国のために働いているのかと....

(不適格な表現がありましたら削除お願いします。 なんせ39度の熱、頭がぼーっつとしてしまい、本音が出てしまうもので)
Posted by sml25p at 2012年03月07日 17:19
sml25pさん、お久しぶりです。
コメントを有難うございます。

インフルエンザなんですか?
どうぞ、おだいじに。

ま、戦時中でも民間人は
銃殺にはならなかったと思いますよ。
危険思想人物として
投獄されていたんじゃないかしら?

ね、日本人は元々、むやみやたらに
人殺しをしない国民性なんですよ。

それにしても売国議員・・・
もっと大きく公表されるべきですよね。


英霊は非常に残念だと思っていらっしゃるでしょうね・・・

恥ずかしいです。

Posted by Sugar at 2012年03月07日 19:31
お初です!
1寸の虫と申します、
自称比国の戦史研究家です、
本間中将に付いてのエピソードです、中将は終戦時は退役し故郷山形に居りましたGHQからの呼び出しで比国の軍事法廷に送還されました、判決は死刑です
本間中将夫人は若い頃英国に留学経験があり英語は堪能の事、
本間夫人は単身日比谷のGHQに乗り込みマッカーサー総司令官と面談しました、夫人曰く私は主人の命乞いに来たのではない処刑を軍人らしく銃殺にしてほしい、
マッカーサーは願いを叶えました
山下大将は軍人として不名誉な絞首刑
本間中将は軍人の誇りを持っての銃殺でした、
Posted by 5分の魂 at 2012年03月09日 23:06
一寸の虫さん、ハンドルネームが5分の魂さんになってますが・・・どちら?


いずれにしても、
コメントを有難うございます。

色々な逸話があるんですね。

二度目の妻、富士子夫人は
戦犯裁判に証人として出廷した際に
毅然とした態度で証言し、
裁判官や検事も感動したという文献しか
知りませんでした。


私は、
プライドの傷ついたマッカーサーの復讐
という印象を受けてます。


Posted by Sugar at 2012年03月11日 02:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54307587

この記事へのトラックバック