2011年04月20日

菅総理、辞めたくないようだ・・・

最近、書くことが多すぎて書ききれないので
何も書かなかった・・・(苦笑)

なんていう言い訳をしながら人様のブログを覗き回る。

お気に入りのサイトは全て覗かせて頂いている。

その中の一つである産経新聞の阿比留記者の記事・・・・

もう、ため息しか出ません・・・・・

書いているご本人も暗いお気持ちだったのでしょうが
読んでいる私も気分が悪くなってしまいました。


一部、勝手にコピペさせて頂きます。

全文をご覧になりたい方は、
国を憂い、われとわが身を甘やかすの記-阿比留瑠比
にアクセスしてご覧下さい。


<引用開始>

昨日の参院予算委員会(東日本大震災に関する集中
審議)は、聞いていて
実に気持ちが暗くなる内容でした。

この政権の無能と自己正当化はいつものことですが、
何より絶望的な気分となったのは、
菅直人首相がいつまでも
首相の座に居座り続けることを宣言した部分です。

<引用終了>


阿比留さんの記事によると、
自民党の脇雅史氏や、たちあがれ日本の片山虎之助氏が
予算委で菅首相に辞任を迫ったそうです。

ところがどっこい菅首相は

「最終的には(衆院議員=首相の)任期が
2年半後には来ますから。
そこまで、このねじれ国会の形の中から
与野党共同での形がとれれば、
私は歴史的な使命を果たせたと。

そこまでくれば本望だと思っております」
(阿比留氏の記事より)


と答弁したそうです。

もう、頭がおかしすぎますね、この人。

自分のお手柄をあげて歴史に残ると思っている・・・
馬鹿じゃないか・・・妄想狂なんでしょー

何故、分からないのだろう、
自分の無能さが歴史に残っちゃうんだってことが。

だいたい「本望です」とか仰ってますが
超エゴイストもいいとこですよ。

自分の本望というか、野望を押し通す為に
国家をバック転させてしまうことも厭わない。

それって独裁者と同じだろう。

あと2年半も、
首相の席にしがみついていられるのだろうか・・・?

皆さんは、どう思われますか?


「やらなければならない責任からは、
私は逃れるつもりはありません。
その上で、責任を果たした中で、
どこまで何をやっていくのか。

まあ、欲張りかもしれませんけれども、
復興、復旧と、そして
いわゆる財政再建の道筋をつくる。
そういうことも含めてやれたとすれば、
私は政治家としての本望に尽きると、
こう考えています」(阿比留氏の記事より)



もうね、『責任』とか、
そういう言葉を使わないで欲しいです。

あなたは責任から免除されて
平和に総理大臣の席から降りる運命なんです。

責任なんて絶対に取れないんですから。

逃れるんではなくて、お役目ご苦労様なんです。

ご自分で『欲張り』なんて言ってますが
欲張りどころか、強欲の塊。

でも、それよりも、
私がプレゼントしたいのは『身の程知らず』

この方がピッタリなんです。

だって、復興も復旧も財政債権の道筋も
ぜぇーーーーーーんぶっ!出来ないんですから。

出来ると思っているのは、菅総理の「妄想」です。

自己過大評価している暇があったら
本当の自分を見つめることをお勧めします。

もし菅総理に心があるなら、(ないみたいだけど)
心の目で自分を見つめなさい。

いつも、本当の自分から目をそらしているから
勘違いのままで平気で生きていられるんです。


はぁー、ため息しか出てこない・・・



阿比留さんは、
月刊正論6月号と、月刊WiLL6月号に、
菅首相の言動や振る舞いがいかに常軌を逸しているか
取材に基づいて具体的に書かれたそうです。


是非、多くの日本国民に読んで頂きたいですね。




菅総理が国民の為に勤勉に働く公僕ではなく
混乱を撒き散らしている
どぉーしよぉーもない総理大臣だ!
ということなんですが誰のせい?

・・・というと、私達、国民のせい・・・か・・・


しかし、菅総理が無能であるということを
お気づきでない日本人もいらっしゃるんですね。

これには驚かずにはいられません。


いやはや・・・・

フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 00:15 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
「何故、分からないのだろう、
自分の無能さが歴史に残っちゃうんだってことが。」

って部分で吹き出してしまいました。いや、彼の神経には驚きです。そして超エゴイスト、まさにそれでしょうね。

石原都知事は後でちゃんと説明謝罪してたんですね。ネットで調べても彼の言葉を無神経とか被災者に天罰が下ったと言ったって記事しか出て来なくて。いや、その記事は信じませんが、本当のことをネットで探すのは難しいわけなんです。

エストラダが無能な政治をした時は、世界銀行がフィリピンに借金をしないことにしたと宣言した時点でこれはとんでもない事になったと政治家もビジネスマンも大きく動き、一見革命のようでしたが、実は軍が大統領府を離れた事で彼を引きずり下ろしましたよね。日本人は本当に大人しいですね。そして義援金は一体どうなってるのか。県にも億単位の義援金が個別に集まっていますが、被災者はじっと耐えているし(さっきは迷惑にも訪れた菅さんに怒鳴った被災者が居ましたが)、その他の国民はお金をあげる意外には何も出来ない状況。これが不思議です。フィリピン式な私から見たら政権交代させるデモでも呼びかけ運動でもすればいいのに。政治の世界のことは政治家任せって変じゃないですか?
Posted by 菜の花 at 2011年04月22日 04:37
菜の花さん、こんにちは!コメントを有難うございます。

石原都知事が「天罰」と仰ったのは
被災者に対してでは無いに決まってますよね。

あの常識人間がそんな言葉を吐くわけが無いです。だいたい政治家って人気商売なんですから、人から恨まれる様な台詞を公に発言しないと思いますよ。

日本が酷い状態になっているから天罰が下ってしまったという意味でしょう?

メディアは曲解して大騒ぎするんです。
保守的な政治家は目の敵なんですよ。
偏向報道を禁じている総務省も、こういうのには凄く甘いですよね。

エストラーダの時は、軍も警察も離れましたから、失脚するしか道が無かったんですよね・・・エストラーダ政権時の閣僚は優秀な人材だったのにね。

義捐金・・・お預けみたいですよ・・・
酷いですね、被災者はお金が全然、無いんですよ。一時金としてでも、さっさと配ったらいいのに。

菅総理への辞任要求デモは大規模でないと効き目がありませんね。
一部の人と考え方が違いますからと言うだけでしょう?

EDSA民衆蜂起みたいに大人数で首相官邸付近をデモすれば、「あわわ」となるかもしれませんが・・・

もう一つ、何か大きな失敗をやらかしたら、多分、国民の我慢も限界に達すると思います。

そう願います。

Posted by Sugar at 2011年04月22日 14:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44448858

この記事へのトラックバック

初フィリピン・マニラ編 3/14 〜モデル級の嬢がいるキャバ
Excerpt: 男性諸君、大変長らくお待たせいたしました。フィリピン・マニラ編、夜遊びの時間がやってまいりましたよ。ただ、すいません、焼肉の時に、「セックスだけでは満足できない」発言しちゃったんで、殿方たちが興味のあ..
Weblog: 投資一族のブログ
Tracked: 2013-09-27 21:10