2010年08月24日

キリノ・グランドスタンド・バス篭城事件

11時間も篭城して

結果的には射殺されてしまった犯人。

元上級警察官で勲章も授与しているのに
お金を強要した罪で解雇されたんだそうです。

復職を要求していたんですが叶わず
お先真っ暗になって、犯行に及んだそうです。

それにしても人質にしたのが
全然関係無い香港系中国人観光客で
その中の何人か(9人?)は
乗っ取られたバスの中で撃ち殺されてしまいました。

犯人も撃ち殺されたんですが
最初に二人の人質を撃ち殺した時点で
強行突破すべきだったんじゃないかと思うのです。

まぁ、死んでも構わないと思っている犯人と戦い、
フィリピンに観光に来た方々を護るのは
かなり難しかったのかもしれません。

ひとつは犯人が元警察官ということで
色々な作戦を熟知している点も
逮捕に手間取った理由なのかとも思いますが
やはり警察官同士という仲間意識があるので
中々射殺という結論に至らず
交渉で解決しようとしたのではないかと推測します。


だいたい真面目な警察官も大勢いますが
汚職を繰り返している警官も多いので
恐喝がバレて解雇された犯人に対して
同情する気持ちが全然無かったと
言えるでしょうか?

あいつ、バレちゃって運が悪かったなぁ〜
という程度の同情が警察官達の中にあったと思います。

中には
警察の面汚しだと憤慨する方もいるでしょうけど
フィリピン人はキリスト教徒が多いので
許す心が異常に寛大なんです。

直ぐに許してあげちゃう。

今回の犯人が許されるかどうかは分かりませんが
死を覚悟して何を訴えたかったのか
私には未だ良く分かりません。

殆ど正気ではなかったという人もいますが
日中の交渉時にはカメラに向かって
手を振ったり、微笑んだりしているんです。

交渉で、病気持ちの人や子供を解放しているんです。

犯行声明というか遺書の様なものが見当たらないので
本当に死を覚悟していたのかなと疑問視してます。

でも人質を撃ち殺しちゃってますから・・・・

やはり生きてバスから降りれないということは
しっかり認識していたようです。


日本人学校のバスをフィリピンの警察官が制止したら
普通、止まりますよね・・・

それが乗っ取り犯だったらと思うと、
物凄く恐ろしいことになります。

この辺の危険回避、安全対策は万全なのでしょうか?

人質を平気で撃ち殺してしまう残忍さというか
人質をうまく利用して何かを要求するというのなら
まだ助かる可能性はあるかもしれませんが
何だか分からないけど暴れちゃうぜという犯人では
ゲーム感覚で人命を断つのですから
もう普通の常識では適わない敵になるわけです。

バス・マザーも交代で同乗しているようですが
一緒に人質になった時に
子供達の盾になる覚悟はお持ちなのでしょうか?

何かあった時の為に、
乗っていらっしゃると伺いましたが
何かあった時に
どういう対処をするのかという訓練は
何も受けていないと思うので、ちょっと心配です。

もう一度、子供達の安全面を
シッカリと見直されてはいかがでしょうか?


・・・・と、余計なお世話発言でしたっ!!



最後に、フィリピンに遊びにいらっしゃって
楽しい思い出を作るどころか
怪我をされた方、早く全快しますように。

また、亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 09:15 | Comment(4) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
おはようございます。
昨日は、悲惨な事件が起きましたね・・・何も関係ない人を平気で殺す・・・これで又フィリピンの印象は悪くなりますね。
私達もここ危険な国フィリピンでの生活セキュリティーを再認識しなくてはいけませんね。

さて、私事ですが妻のアメリカにいるおじさんが帰国する事となり引っ越しする事となりました。現在、妻の父が引っ越し先のリニューアルしている所です。
どたばたしてます。
それでは、又!
Posted by Black Jack! at 2010年08月24日 12:11
BJさん、こんにちは!

本当にフィリピンの観光産業は
殆ど立ち直れない程のダメージを受けましたね。

怖いのは、銃器を所持している警察官が
暴れだすことです。

では、国民を護るのは誰?


お引越しですか・・・

大変ですね。わんこ共々大移動ですね。

でも、いらないものを片付けるチャンス♪

Posted by Sugar at 2010年08月24日 14:21
Sugarさん、こんにちは。
バスジャックでは、変な思い出があります。私がPhiに赴任して来た2001年にお婿に行った弟のおやじさんが何とお忍びでPhiに来て!そんでもってバスジャックされてカビティまで連れて行かれ身ぐるみ剥がされた経緯があります。
当時、私も大変びっくりしましたが命が無事で良かったと胸をなでおろしました。その事件も未解決・・・

ふーーー
Posted by Black Jack! at 2010年08月25日 15:56
BJさん、お早うございます。

お忍びは何かと問題が多いものです。
正々堂々とフィリピン旅行して欲しいです。(笑)

私の知っている人は性病にかかって
大切な部位がカリフラワーになってしまったそうです。
お忍びでした。

それから刑事事件に巻き込まれて
出国禁止になってしまった人がいました。

それから、お忍びではなく出張で何度もマニラに来ている方が
空港からタクシーに乗ったら
勝手に走り出して、田舎の方面でホールドアップ。この方も身包み剥がれて畑に置き去りにされました。

慣れている人でもそんな目にあってしまうのですね。

わが社のスタッフでホールアップされていない人は皆無です。
中には、ボコボコにされて入院した人もいます。泣きっ面に蜂ですよね(苦笑)


Posted by Sugar at 2010年08月26日 06:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40342630

この記事へのトラックバック

子供の病気に関するサイト
Excerpt: 子供の病気についての詳細情報です
Weblog: 子供の病気に関するサイト
Tracked: 2010-10-07 02:49