2014年06月19日

岩崎さんの手紙・・・

故岩崎宏さんが1998年11月12日に
長女の宏美さんに書いたお手紙が公開されました。

父親としての岩崎さんの愛情溢れる手紙を拝見すると、
胸が張り裂けそうになります。

父親がいない父の日を経験されている人は
世界中に大勢いらっしゃいます。私もその一人です。

でも、こんなに優しい家族愛の深い岩崎さんが
何も悪いことをしていないのに
悪人に狙い撃ちされ、お亡くなりになるなんて
ご本人は勿論、ご家族にしたって本当に、
何とも納得のいかないことである分けです。

本当に悲しい父の日を迎えたとお察し致します。


友人、知人も驚きや悲しみ、やり場のない憤りを
感じていらっしゃいます。

しかし・・・

日々、忙しくしている第三者の私達は、
ともすると、自分達の生活の忙しさを理由に
この残酷な事件を過去のものへと
葬り去りそうになる傾向があると思います。

被害者やご遺族、友人の皆様は
まだまだ、やりきれない思いで辛い毎日を
すごされているのです。

このお手紙、中々読めませんでした。
しばらく放置してしまいました。

でも、もっと悲しい宏美さんの勇気ある行動、
お父さんの正義を求めるご家族の気持ちを
強く感じて拝見致しました。

読んでいると、岩崎さんのお人柄を思い出します。

微笑ましい素敵なお父さんです。
娘を思う気持ちが伝わります。

ご家族の大黒柱として、夫として父として
色々と努力されてきた岩崎さんの大きな懐を
感じます。

読み続けると胸が苦しくなります。

そして2ページ目の最後『父より、愛をこめて』で
深いため息をついて・・・・

その右端の隅っこに、『笑うなよ、エへへ!』

これを見たら、もう涙が止まらなくなりました。

本当に、岩崎さんをご家族の下に帰してあげたい。

一日も早い事件解決を願います。

合掌

a letter from Mr. Iwasaki.jpg

a letter from Mr. Iwasaki.page2.jpg

フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 15:40 | Comment(15) | TrackBack(0) | 日記