2014年05月13日

岩崎さんの納骨

日曜日、荼毘に付された岩崎さんの御遺骨は
ご自宅に安置されました。

御遺骨は分骨されて

フィリピンと日本の両方で埋葬されます。

日曜日から言葉が見つかりません。
何も書けないまま放心状態です。

お参りできない方の為にお写真を撮らせて戴きました。

DSC02999.JPG

多分、私の人生の中で
最大級のショックな出来事じゃないかと思うほどです。

更に、日本人の心を忘れた連中・・・

ネット上で知ったかぶりする人・・・

偉そうに能書きを言う人・・・・・・

この事件を利用してランクを上げようとする人や
素材を無断で使用する無神経で非常識な人・・・

取り敢えずは、何処からのものとか但し書きくらい
つけることはできるはずです。

日本が弱体してくるのも不思議ではありませんね。

匿名をいいことに言いたい放題するのは
控えるべきです。

まぁ、控えないんだろうけどね・・・

こういう人達に天罰が下ることを
心の底から祈ります。

ニュース報道の誤りも多いですね。
不要な憶測をいれるべきではありません。

どうせ、分かりっこないんですから。

まるで井戸端会議ですよ、恥を知れ!!

事実だけを正確に伝えなければならないって
基本中の基本ですよねぇ〜

フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 10:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2014年05月10日

安置所の写真

岩崎さんの御遺体が安置されている
写真を掲載致します。

昨晩、奥さまの許可を得て撮影させて戴きました。

写真掲載の理由は、岩崎さんと親交があり、
明日行われる葬儀に参列できない方の為です。

何人かの方からリクエストがございました。

私の存じ上げない方も大勢いらっしゃると
思いますので、掲載することに致しました。

マニラでお別れできない方の為に。

DSC02970.JPG


DSC02965.JPG


DSC02969.JPG


DSC02966.JPG


DSC02967.JPG


DSC02964.JPG


これ以上クローズアップされた御遺体の写真を
ご希望の方は、メールにてご連絡下さい。


5月11日(日)午前8時半から
最後のミサが行われます。

引き続き午前10時から火葬です。

最後のお別れに是非、ご参列なさって下さい。

合掌

フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 15:22 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

私は犯人を許さない

罪を憎んで人を憎まずと言いますが
私は、岩崎さん殺害の主謀者を絶対に許さない。

いかなる理由であっても、あの優しい岩崎さんの命を奪い
ご家族を悲しみのどん底に落とし入れた犯人を許さない。

開けて土曜日ですが、金曜日は
ご夫婦の結婚記念日だったそうです。

こんな悲しい結婚記念日を経験させられた奥さま、
本当にお気の毒で言葉がありません。

突然の悲報で驚き、茫然自失・・・悲しみ・・
今は、怒りの気持ちが、ふつふつとお腹の底から
湧き上って来るようです。
 
仇討制度の復活を強く願います。

人を殺めたら己の命も断てっ!!

フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 02:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

道順・・・追加

先日のHeritage Parkへの
道順ですが、今晩、通った時に、
一つ、言い忘れたことに気づきました。

マッキンリーからボニファシオ・グローバル・シティに
入った最初の信号を右折しますと、
その後、信号を二つ超えます。

前回のお知らせでは、信号を一つ越えてと書きましたが
実は、二つありました。

いずれにしても直進で、バヤニ通りを左折です。

悲しみと怒りで混乱した頭でのお知らせで
不十分でしたことをここにお詫び申し上げます。


それから、色々な憶測や批判めいたことを
ネット上に書いて面白がっていらっしゃる方が
おられる様ですが、死者に鞭打つ様な行為は
控えて下さい。

傷心でいらっしゃるご遺族の皆様にも
これ以上、辛い思いをさせるような行為は
直ちに止めましょう。

亡くなられた岩崎さんは被害者なんですよ。

首謀者並びに実行犯が責められるべき立場ですから
その辺を取り違えないように。

そして、人様の不幸を面白がって
あること、ないこと、自分の想像で仰る人も
結局、ご自分の品性を疑われますよ。

自重して下さい。

フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 01:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年05月08日

お悔やみの花を送りたい方へ

岩崎さんの安置されているチャペルに
ご供養のお花を贈りたい方への情報です。

これは、私のビジネスではありません。

とても良いサービスだったので
安心して、皆様にお知らせすることが出来ます。


昨年末に会社を整理してスタッフの居ない私は、
果たして自力で、葬儀用のお花(スタンド式)を
注文することが出来るか・・・・内心焦っておりました。

しかし、そんな根性では何も進みません。

そうだっ!オンラインで注文できないかしら。

パニックの中でも脳の一部は機能していたようです。

まずは、葬儀社で花を取り扱っているかを聞く。

葬儀社のスタッフは、自社では扱っていないということで
一番近くはマーケット・マーケットにある花屋さんという
ことでした。

ネットで検索したら、ありました!!

Redsa's Flowershopです。

電話番号は、0906−553−4919

ここに電話を掛けるか、テキストをして
ご予算に応じて、お花を注文します。

送り先と送り場所。慣れているせいか
Heritage Parkと言えば、
直ぐに分かってくれます。

送り主の名前を告げて、リボンの片側に
お悔やみの言葉を。

これも慣れているので、
アイデアを提供してくれます。

金額は、2500ペソから色々あります。


次にすることは、入金です。
BDOという銀行です。

口座番号:002060483081
口座名:Redsa's Flowershop

花屋さんは、入金確認後、直ぐに配達してくれます。
配達が終わると、ちゃんと、テキストで届けたことを
知らせてくれます。

そして、配達した際の受取人署名付きの納品書を
メールで送っています。

更に、チャペルに置かれたフラワー・スタンドは、
配達した人が写真を撮ってくれてメールで
その写真を送ってくれます。

ここで、ちょっと、つまずきが・・・

忙しすぎて写真を加工してメールする時間が
ありませんが、出来次第、直ぐに送ります
というメッセージが入りました。(惜しい)


テキストの応答も非常に良好。

やればできるんじゃないか、フィリピン人!!

いつも文句ばっかり言っている私ですが
今日は100点満点の花丸(二重丸)です。


今後は、自力で、あちこちにお花を届けることが
出来る様になりました。

岩崎さん、亡くなった後でも、未だ私を助けて下さる。
本当に親切な方です。

貴方様には、本当に心から感謝しております。

感謝しても感謝しきれないぐらいお世話になりました。


突然、あちらの世界に行かれて、
ご本人も驚かれていると思いますが、
きっと、ご両親と再会されていることでしょう。

そして、あちらから、必ず、
ご家族を見守っていらっしゃると思います。

合掌

フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

岩崎さんの葬儀

故岩崎宏さんの御遺体と対面して参りました。

最後のお別れに行かれたい方の為に
詳細をお知らせ申し上げます。

場所:Premiere Chapel C
Heritage Park
Bayani Road, Fort Bonifacio, Taguig City

本日から日曜日まで安置されています。

最後のミサは、5月11日(日)午前8時半
火葬は、午前10時の予定。

ヘリテイジ・パークへの道案内:

EDSAからMackinly通りを真っ直ぐ進み
フォートに入ったら直ぐに右折。
一つ目の信号を超えて、暫く進むと
左手にGYMNASIUMの看板は見えますので
そこを左折。そこがBayani通りです。

この道をずっと真っ直ぐ進むと下り坂になります。
下って右にカーブすると、ヘリテイジ・パークの
入り口に入るスロープがあります。

ゲートからは、真っ直ぐ進み、右にカーブして
直進すると、少し下りが始まります。
下らずに左手を見ると、チャペルの建物があります。

ゲートのガードマンに岩崎さんと告げると、
チャペルCの場所を教えてくれます。
左手側に曲がれる道を2本超えた3本目と
教えてくれました。

24時間、訪問が可能ですので、お時間の御都合次第で
最後のお別れに行かれてはいかがですか?

あんなに優しくて真面目な方が、こんなことになるなんて
悔しくてたまりません。

フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 04:57 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2014年05月07日

訃報

本日は、悲しいお知らせです。

皆様も、よくご存じのフレンドシップツアー社の

岩崎宏さんが他界されました。


詳細は未だ分かりませんが、

昨晩、帰宅時にオートバイに乗った

二人組の武装犯に銃撃されたということです。


20年来、私が知る限りの岩崎さんは、

真面目で勤勉で、曲がったことの嫌いな心の優しい

立派な日本人です。


絶対に人から恨みを買う様な方ではありません。


ショックが大きすぎて

何を書いているのか分かりませんが

取り急ぎお知らせさせて戴きます。


ご遺族の皆様は、家族思いのお父さんを突然、

失われ、筆舌に尽くし難い思いでいらっしゃると

思います。本当に、御愁傷様です。


岩崎さまのご冥福を心から

お祈り申し上げます。



フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 16:17 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記