2014年03月14日

戦友との再会

1月16日、91歳で人生の幕を下ろした
小野田寛郎氏の秘蔵写真が公開されました。

フィリピンのルバング島で孤独な29年間の
任務期間を経てフィリピンで投降された
小野田氏の写真などが一般公開されました。

3月12日に行われた「小野田寛郎お別れの会」
には、およそ二千人の人が靖国神社に集まって
故人を偲びました。

『靖国で会おう』という合言葉で散華された
多くの英霊と再会された小野田氏の御霊は、
きっと安らかに永久の眠りにつかれたことと
思います。


小野田氏がラスト・サムライとならない様に、
現代の大和男児は、その心をしっかりと
受け継いで下さることを心から願います。

英霊となった小野田氏が日本を見守っていて
下さることをお祈りすると共にご本人の御霊が
安らかである様に現代に生きる私達は、世界に
誇れる日本を築いていくことに努力を惜しまず
先人に恥ずかしくない日本人であることを
お約束致しましょう。




フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 04:54 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記