2014年02月27日

今日の南シナ海は明日の尖閣

都知事選も終わって舛添氏が当選して
まぁ、都知事になられたんですが、
多くの都民の支持を受けた分けですから
ご立派な仕事ぶりを拝見したいと思います。

今日は、非常に興味深いビデオを紹介致します。

東海大学海洋学部の山田吉彦教授が
防人の道の特集コーナーにご出演されました。

その中で、同教授は今年になって2回、
産経新聞の正論のコーナーに寄稿されて
いらっしゃることが分かりました。

一つ目は、1月27日、
本日の私のタイトルに使わせて戴きました
『今日の南シナ海は明日の尖閣』というテーマ。

もうひとつは、2月21日、
『舛添氏は尖閣寄付の活用策示せ』。

そうですねぇ〜・・・

しっかり、早急に示して戴きたいですよねぇ〜

でも、何だか示せない様な気がしちゃってます。

山田教授に相談した方がいいんじゃないかなぁ〜



勉強不足の私は、山田吉彦氏を存じ上げず、
たまたまタイトルに惹かれて見た動画・・・

もう、すごぉ〜く勉強になりました!

寝言を言っている様な何処かの教授と違って、
すらすら、はきはきとご意見を述べられているので
機能不全寸前の私の脳みそでも充分に理解出来ました。


南シナ海は現在、私が住んでいるフィリピンにとって
大問題になっている場所ですから、他人事ではないし、
まして、日本の領土である尖閣諸島と言ったら、
えっ!もうじき危ない!?なんていうことが
容易く予想できる状況になりつつあって、
それこそ、他人事ではなく、超心配です。

平和ボケした私たちも目を覚まさなければ
ならない時が来たという分けです。

時代は変わっています。
もう、呑気なことは言ってられません。



山田教授は、国民が領海を守ることの重要性を
理解出来る様にと、分かり易く本にして下さいました。

『すぐわかる日本の国境問題』


何しろ、舛添都知事に対して寄付金の活用を示せと
仰るからには、教授ご自身、実効出来る活用方法の
アイデアが、ちゃぁ〜〜〜んとあるのです。

こういうところも尊敬に値します。

最近は、ネット上で一億総コメンテーターになって
能書きは言うけど、アイデアや実行力の無い輩が多い。

でも、山田教授は経験を踏まえた上での
明確なアイデアをお持ちなので、
これからも追跡していきたいと思いました。


NHKはね、もっと、もっと、こういう立派な方に、
ご出演戴いて、全国放送で日本国民に知らせる努力を
すべきです。

14億7千万円の寄付金・・・

有効に使って欲しいですねぇ〜



フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 02:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記