2013年01月16日

さよならミスター民主党、鳩山君、帰らなくていいよ

ちょっと古いニュースですが
見落としてました。でも見過ごせないので書きます。

産経新聞の記事から一部省略。


「私の首相時代は領土問題は起きなかった」 
鳩山元首相、日中関係改善に意欲?2013.1.10 21:29

鳩山由紀夫元首相が15〜18日の日程で
中国を訪問することが10日、分かった。

中国政府の要人らと会談する方向で調整している。
中国が沖縄県・尖閣諸島周辺で挑発を繰り返すなど
関係が悪化する中での訪中には
与野党からいぶかる声が上がっている。

ここまでは、
皆さまもご存知のニュースですよね。

今、韓国にお邪魔中ですから。



しかし、鳩山氏は10日、国会内で講演し、
「私(が首相)のときは、日中、日韓の間で
領土問題は起きなかった。

私が辞めた直後から起き始めたことは
大変残念だ」と述べた。

笑えるぅ〜

・・・って笑い事じゃないんですけどね。

あんたが種蒔きしたんじゃないの?

世界中に知恵遅れみたいな国家首相が居るって
知られちゃったからね・・・・


鳩山氏は首相時代、
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題
で迷走し、日米同盟関係に傷をつけた。

その結果、中国側が領土問題で
挑発的行為に出るようになったが、
鳩山氏は
「外務省や防衛省が米国の意向を勝手に解釈し、
(普天間飛行場は)同県辺野古しかないという方向で
頭が固まっていた。結果としてあのような結論を
導いてしまった」と語った。



何処までも人のせい・・・最高責任者だったのは誰?

今は一般市民ですから、余計な動きは迷惑です。

ほんと・・・・、もう言葉がありません。


さようなら、ミスター民主党。

もう、帰って来なくてもいいからねぇ〜♪

フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 17:52 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記