2013年01月14日

ちょっと嬉しかったこと

フィリピン人と知り合いになると、
ある本をプレゼントします。

何の本かと言うと、新渡戸稲造著
『BUSHIDO,THE SOUL OF JAPAN』です。

元々英語で書かれたもので、明治32年ですから
1899年にアメリカで出版された本です。

日本語は勿論のことドイツ語やフランス語をはじめ
様々な言語に翻訳されてます。

現代も多くの人々に読まれています。

最近では特に映画「ラスト・サムライ」のあと、
多くの人々に読まれるようになったみたいです。

一番最近、本を読んでもらったのは、
日系企業の顧問弁護士さんです。

職業柄、日本人の方と接する機会が多いので
親日家でしたが、「武士道精神」の話題に
とても興味を示されたので、既に在庫切れで
我が家に残る最後の一冊を
貸して差し上げました。

その後、随分、月日が過ぎた日曜日の今日、
非常に面白かったと感想を述べられて
本を返却して下さいました。

その時、戦時中の日本兵の残酷な悪行の話が
嘘だったんだと、ハッキリ理解できたと
仰ったんです。

「ああいう残虐性は日本人の文化には無い」

そうなんですよねぇ〜♪

そこが分かって頂きたいところだったんです。

ジャーナリズムを勉強中の
大学生のお嬢さんも読まれたそうで、
良かったなぁ〜と思いました。

私が、武士道精神を広めたいと思ったのは、
随分前に遡りますが、
フィリピンの教科書・・・というか、
歴史の授業が原因だったんです。

授業を担当する教師がいつも、
日本兵が赤ちゃんを放り投げて
銃剣に突き刺したという話を
小学生に話して聞かせるんですね。

若い教師がまるで自分の目で見た様に。

フィリピンは現在、親日国家ですので
教師達も多分、悪意を持って
反日授業をしているわけではないと
思うんですね。

単に、伝え聞いてきた中で、
本当に、
そう思い込んでいるんだと思います。

まぁ、中華系がどっしりと
根を生やしているフィリピンですから
何とも言えませんけど・・・・ね。

歴史の教師へのささやかな抵抗として、
フィリピンの友人や知人に、
この本の贈呈を続けて参りました。

新渡戸さんが英語で書いて下さったので
そのまま読んでもらえるので有難いことです。

日本を理解して頂く為に、
非常に分かり易い資料だと信じてます。

ただ・・・・

問題は、その武士道精神というもの自体が
どうやら日本になくなってしまっている
のではないかということなのです。

ただ、過去に葬り去ってはいけないもので
取り戻せるなら、取り戻したいと願います。

今日は、弁護士さんの言葉を聞いて、
嬉しい気持ちになれた日曜日でした。



フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 03:48 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記