2012年12月04日

ビデオ・レター −西田昌司参議院議員

海の彼方で祖国を心配している私ですが
どうも感情的なことばかりで、
冷静に言うべきことが言えていないと気がします。

そんな時に、昨日、本日の公示を控えて
西田昌司参議院議員がマスコミとは違う
本当の「選挙の争点」を整理されている
ビデオレターがありましたのでご紹介します。

この議員さんは国会でもかなり活躍されている方で
いつも頼もしく思っておりました。

さすがに、きちんと分かり易くお話されているので
自分の頭も整理できました。

マスコミの報道に、まやかされない為にも
色々な観点での意見を聞いて、
それからご自身で判断されることが重要です。

10分程のビデオレターですので、是非、ご覧下さい。




【西田昌司】明日公示、総選挙の本当の「争点」とは?


フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 18:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

チョロチョロしないでよっ!!

私って・・・何だか怒ってばっかり・・・

どちらも延期になったみたいだけど
野田首相のロシア訪問とか韓国訪問・・・

何だか変だと思いませんか?

そもそも、ビジネスで考えた場合、
何かを求めている側が
相手側のところに出向くのが普通でしょ?

国政もビジネスと同じで、いや、それ以上に
駆け引きの世界だと思うんですね。

相手も相当にしたたかな政治屋さんですから、
彼らから見たら今の日本の政治家なんか赤子。

簡単に、手をひねられちゃう。

国家を治める長としての首相が
外国にご挨拶に出かけるというのなら
表敬訪問として訪問するなら分かるけど、
領土問題で揉めている相手国に
お出かけになる理由は何故でしょう?

何だかプライドの欠片も無い。

えっ?経済の為?
過去3年以上、経済発展してましたっけ?

ロシアなんて、ご招待もされていなくて
病気だから延期と言われたとかで、
今は、あちらさんが健康だぞって言ってるけど
いったい何なんでしょうか?

どっちも嘘つきだからね、事実はわからないけどね。

韓国とは、支那も含めて何故に貿易協定?

そんな話は、領土問題を解決してからでしょ?

オーストラリアか何処かの上院議員だったか、
最近、ちょっと記憶力が悪いので間違ったら
ごめんなさいなんだけど、
領土問題を棚上げすることでのみ問題の解決策が
見いだせるって言ってたらしいけど、
馬っ鹿っじゃないのっ!!

言っちゃあ、悪いかもしれないけど(でも言うけど)
さすが英国犯罪者の島流し用の場所だわ。

自分の国の犯罪の心配でもしていた方が
良いんじゃないの?

よその家(国)の問題を解決できないのなら、
無駄口や能書きはいらないから、
黙って引っ込んでいて欲しいと思うのです。

ご親切なわけじゃないんだろうしね・・・


だいたいねぇ〜、問題を棚上げって、
最低のアイデアだと思うよ。

必ず、いつか又、問題になるんだから。

誰だったか、ケ小平だっけ?
自分の代では解決できないから保留にして
次世代の賢者に問題解決を任せるよって
逃げた狡い奴は。

そういうことに同調して、
一緒に棚上げ案を実行していたから、
今や強硬姿勢に出る賢者に出会う羽目に陥った。

反省しなさいね。
一度や二度の間違いは誰にでもあるけど
何度も繰り返すのは愚か者だからね。

日本人は本来、愚か者ではないのね。
地球上でもかなり優秀な人種(だった)。

白黒はっきり付けないといけないと思う。

そう言うと、いやいや揉め事を予防する為には
大人の対応をしなければいけないのさ、とか
物知り顔で仰る方がいるんですよ。

それが相手の思う壺だっていうんです。

じゃあ、大人の対応って具体的には何なの?

明確な名案を発表して欲しい。

あのシベリア抑留者が苦しめられたロシア人に
普通の対応を期待出来ますか?

終戦の数日前にいきなり参戦した卑怯国ですよ。

卑怯者の癖に偉そうに
日本人捕虜を酷い目に遭わせた奴らですよ。

そういうことを踏まえて交渉すべきですよね。

そういう苦労を強いられた日本人の血が
脈々と流れている私達は、
自動車の売り上げが落ちたくらいでは
へこたれません。

元々経済不振なので、
今更パニックになることもないでしょう。


揉み手をしながら及び腰で
ご機嫌を伺っている(様に見える)野田首相は
もう、今回の解散で過去の人になるのですから
少しは静かにしていて欲しい。

じっと、動かず、何も喋らず、フリーズして
人様や国民に迷惑をかけないで生きて下さい。

韓国との貿易協定の交渉もいりません。
あの国に行きたいのなら
失脚後に、私的な里帰り旅行でご帰国下さい。

ウォン・スワップとか本当に馬鹿なことしたよね。
日本には何の得があるのでしょうか?

本当にこれ以上、余計なことをしないで下さい。

座禅でもするなり、滝に当たるなり
精神修養でもして静かに隠匿生活に入りましょう。

フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 05:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記