2012年08月11日

ついにやらかしてしまった・・・・

韓国の李明博大統領、ついにやらかしたわね。

国軍三軍を支配する権限を持っている国家の長が
よそ様の国の領土に無断で踏み込んだということは
宣戦布告のようなものです。

支持率低下で焦っていたんだろうけど
阿呆ちゃうかっ?ていう行動です。

しかし、まぁ、考え方によっては、
よくぞ、やらかして下さいました!と思う。

これで、日本の国民が
あの国のやっていることを
シッカリと認識する機会到来なのです。

中国もロシアも
今回の日本の対応を傍観してますよ、当然。

今度こそ、シッカリと毅然とした態度で
外交して欲しいものです。できるかどうか・・・


まずは産経新聞の記事をご紹介致します。

韓国大統領、竹島上陸 
日本の中止要請無視、駐韓大使召還へ 
2012.8.10 14:05

韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領が
10日午後2時ごろ、日本固有の領土で
韓国が不法占拠している島根県の
竹島(韓国名・独島)を訪問した。

これまで韓国の首相や閣僚の訪問はあったが、
大統領の竹島入りは初めてで、
日韓関係の悪化は必至だ。


李大統領、すがる「愛国」任期中の関係修復難しく
2012.8.10 21:11

韓国の李明博大統領の竹島(韓国名・独島)訪問は、
日本への外交的配慮をまったく無視した、
きわめて挑発的で非友好的な行動だ。

韓国は1950年代以来、
竹島に対する“実力支配”のため
あらゆることを一方的にやってきた。

「対日強硬策で残るは
大統領訪問と海兵隊駐屯だけ」といわれてきたが、
李大統領は、その一つをやってしまった。


李大統領「真のわれわれの地だ」 
野田首相「到底受け入れられない」
2012.8.10 23:21

野田佳彦首相は同日の記者会見で、
「竹島が歴史的にも国際法上もわが国固有の領土である
という立場と相いれず、到底受け入れることができない」
と強く非難。

抗議のため武藤正敏駐韓大使を直ちに
一時帰国させるとともに、
さらなる対抗措置の検討に入った。

日韓関係は最悪の状態に陥った。


野党から批判噴出、森本防衛相発言も問題に
2012.8.10 23:04

森本氏の
「韓国の内政上の要請によるものだとの
印象を持つ」という発言にも
野党は
「こんなバカな発言は信じられない」(谷垣氏)、
「真意はともかく、国防を預かる閣僚として
極めて不適切」(自民党の石破茂元防衛相)
と強く反発した。

森本氏は慌てて記者会見の約5時間後に
記者団を集め
「李大統領の竹島訪問はわが国としては
決して受け入れられない」と表明。

参院外交防衛委員会の理事懇談会にも出席し
「(竹島が)わが国の領土であることは
間違いない事実だ。
誤解を招いたとしたら申し訳ない」と陳謝した。

ただ、自民党は森本氏の発言をただすため
衆参両院の予算委員会開催を要求した。
答弁次第で問責決議案の提出を検討する考えだ。




まったく・・・・
愚か者とはこの人(達)のことだ。


李大統領お一人様だけのお馬鹿ぶりだけかと
思ったら
我が国の森本防衛相の台詞・・・・

これが国防の長となる人の言葉か・・・
驚きすぎて、コメントが出ない・・・

誤解を招いたら申し訳ないって
いい年して、そこそこの役職に就いている分際で
誤解を招かない様に喋れないのかね、本当に。


そういう馬鹿ばっかりが政治ごっこしてるから
日本は世界から馬鹿にされ始めているんだわね。

こっちのニュースも失礼な話題だけど
悔しいことに当たっている部分もあるので
歯ぎしりするだけの私です。



ロムニー氏
「日本は1世紀にわたる衰退の国」
2012.8.10 19:41

米大統領選で共和党候補に内定している
ロムニー前マサチューセッツ州知事(65)が9日、
ニューヨーク市で開いた資金集めパーティーで、
オバマ政権を批判する材料として日本を例に挙げ、
「われわれは日本ではない。
10年あるいは1世紀にわたる衰退と
苦難に陥っている国にはならない」と述べ、
オバマ政権下では
日本と同様に米国は没落すると強調した。

米政治関連サイトが一斉に報じた。

ロムニー氏は2010年に出版した自著
「ノー・アポロジー(謝罪せず)」でも、
「日本と違って、米国は失敗を恐れない」
「米国がアジアへの関与を弱めると信じるならば、
日本は中国と同盟せざるを得なくなるだろう」
と語っていた。




まぁ、好きなだけ語ればいいよ。

だけどね、日本人が本気になったら、
悪いけど、米国だろうが支那だろうが
かないっこないのね。

結局、
君達が擦り寄ってくる様になるのよ。

人種のレベルが違いすぎるんです。

本気出したらっていう部分に
一抹の不安を感じながら
いきがっている自分が
ちょっと可哀相な気もするんだけどね。

まぁ、何十年も実力支配されているままで
その相手国に援助を続けた愚かさを
ここで気づけよ、日本人!!



フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 05:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月10日

韓国!ええ加減にせぇ〜よぉ〜

猫ちゃんの写真や動画を見て
微笑んでいる私でいたいのに・・・・

あの国の皆さんのニュースを見ると
眉間に深い縦皺がよってしまいます。ヽ(`Д´)ノ

産経新聞の報道をご紹介致します。


韓国大統領が10日に竹島入り 
日本、強行なら大使召還へ 2012.8.10 02:03

韓国の李明博(イミョンバク)大統領が10日午前に
島根県・竹島(韓国名・独島)に入る方向で
準備を進めていることが分かった。

複数の日韓関係筋が9日、明らかにした。

日本政府は、
日本固有の領土で韓国が不法占拠している竹島に
大統領が上陸すれば
日韓関係の悪化は避けられないとして、
ソウルの日本大使館を通じて中止を申し入れている。

強行の場合、抗議の意思を示すため、
10日にも武藤正敏駐韓大使を
召還することにしている。

大統領の竹島入りには、
日本からの解放記念日である15日を前に
強硬姿勢を示すことで、
求心力を高める狙いがあるとみられる。

日本政府関係者は
「情報が入った段階から韓国側に事実確認し、
竹島入りという事態が生じないよう求めてきた。
上陸が確認されれば正式に抗議する」と語った。

李大統領は昨年9月、テレビ番組で
「行きたければ年内でも訪問できる」と述べていた。

今年4月以降、韓国の閣僚や与野党の国会議員が
相次いで竹島を訪れた。

これに対して、自民党国会議員が昨年8月に
竹島北西の韓国・鬱陵島視察を目指したが、
韓国側は認めなかった。

一方、政府は韓国が竹島上空を
軍事訓練空域に指定していることを確認した。

軍事訓練空域は韓国軍が戦闘機の飛行訓練を
目的に設定しているとみられる。

外務省幹部によると、
日本側は指定を速やかに解除するよう求めているが、
韓国は応じていない。



腹が立つのは
勿論、あの国の図々しさというか厚かましさです。

でも、それ以上に、歯がゆいというか
イライラするのは、日本側の対応の緩やかさ。

竹島入りとならない様に求めたとか
軍事訓練している海域の解除を求めるとか、
何だか甘っちょろいと思いませんか?

そんな調子だから無視されているんです。

はっきり手厳しく警告すべきです。

国交断絶も辞さないとか、経済援助を打ち切るとか
相手がうろたえることをどんどん言うべきでしょ。

竹島が日本の領土であると主張するのであれば
抗議の意思を示す為に大使の召喚だぁ〜?

何を言っているんですか!!

上陸したら正式に抗議だぁ〜?

何故、上陸する可能性を作るのか?
防げよ!防げ!!

上陸させない様に
しぃ〜っかりと!領土・領海を守れ!!

及び腰でいるから
理不尽なことを平気で言ってる相手に
舐められるのです。

テグタンとかタン塩とか大好きだけど、
それ以外は本当に、
ぜぇ〜ったいにお友達になりたくないと思う。

ああいう感性の人とは接触したくないし
知り合いにもなりたくない。

北も南も、どうしようもない隣人に恵まれた。

この不幸を不幸と嘆くことなく
ハッキリとした態度のとれる日本(日本人)に
なれる様に、国民が自覚しないとなりません。


バレーボール女子がブラジルに負けてしまった。
銅メダルをかけて韓国と戦う羽目に・・・・

中国と戦った時と同じチームですか?

完敗とは、こういうことを言うんですね。
東洋の魔女は何処へ行ってしまったの?


。゚(゚´Д`゚)゚。


大和魂とか・・もぅ、無くなっちゃったらしい・・・



フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 05:26 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月09日

猫好きの日

動物好きにも、犬好き、猫好きと
ハッキリ分かれている場合もありますが
私はどちらも好きです。

今日は猫三昧。見辛かったらYouTubeでご覧下さい。


猫のお喋り




猫の写真集




瞬間芸




マッサージ




写真集2




勇敢な子猫対大型犬




猫の勝ち




風呂嫌い




ちょっと可哀相なものもあるんですが
必死になればなるほど可愛いので・・・・

たまには、気分転換して下さぁ〜い♪

フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 04:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月05日

『言志』創刊!!

あっと言う間に8月になってしまって
今月は何も書いていなかった私・・・反省しています。

ところで、朗報です!!

特に、
最近の偏向報道を苦々しく思っている皆様、
そして、そんなことには全然、気づかずにいる皆様、
日本人なら自分の国の行方を知るべきで
そういう情報は中々得られませんが、
この電子雑誌は
一般報道に慣れている人達にとっては
有り得ない内容が満載です。

非常に興味深い電子雑誌が創刊されましたので
以下、ご紹介します。

<『言志』 01号 より>

「読者諸氏へ」
        日本文化チャンネル桜代表 水島 総

奇妙で異様な言語空間が日本全体を覆い尽くしている。
危険な腫れ物に一切触れぬが如く、まるで無きが如く、
そのタブーを「見ざる、聞かざる、言わざる」とした
バーチャル言語空間が、今、日本に現出している。

増税緊縮財政路線、TPP政策に見られるように、
昨今のマスメディアの論調は、「大政翼賛会」の如く、
新聞やテレビだけではなく、
政界も、財界も労働界も官界も、
轡を並べて一致した主張を続けている。

新たな政治潮流と言われる大阪維新の会すら
同じ主張である。

これらの主張に共通するのは、
米国が喜び、中国が喜び、
韓国が喜ぶ主張であることだ。

他国が喜ぶ政策は、
自国の利益に適ったものとはなり難い。
しかし、それに気づいた人は、一体、何人いるのか。

その禁忌のタブーとは何か。

それは「日本」である。

戦後日本ではなく、本来の「日本」である。

我が国は、終戦以来六十七年、今日まで
「平和を愛する諸国民(アメリカ・中国・南北朝鮮・
ロシア)の公正と信義に信頼して、
われらの安全と生存を保持しようと決意した」
(日本国憲法前文)という非現実的な
思想グローバリズム論理に縋りついてきたままだ。

日米関係や国連中心主義、
東アジア共同体といった思想のグローバリズムが、
戦後保守や戦後左翼たちによって主張され続け、
我が国の言語空間を独占して来たのである。

その状況は変わっていない。
いや、ますます、徹底化が進もうとしている。

結局、戦後日本人のほとんどが、
日本国憲法前文の呪縛の本質、
つまり、日米や日中、国連等でしか
日本を考えられない思想的グローバリズムの
呪縛から逃れられないでいる。

恐るべきは、
この「閉ざされた言語空間」内でしか
世界を考えられないという「タブー」すら、
意識、認識出来ぬほどに退行している現実である。

この「閉ざされた言語空間」では、
発想出来ない視点がある。

例えば、現在の米国にとって、
北朝鮮が日本を核兵器で脅迫し、
拉致被害者を人質に取って、
金をせびり続けることは、
理想的な状態だという視点である。

北朝鮮の弾道ミサイルの発射事件で、
日本中が大騒ぎとなり、
日本が米国の核の傘と軍事力、外交力に頼り続け、
基地を提供し、思いやり予算までプレゼントし、
TPP問題で米国の言う事に従ってくれることは、
現在の米国にとって
まさに理想的状態なのである。

また、尖閣問題で、日中間が緊張し、
米国の軍事力に頼る状況も
大変好ましい状況である。

中国にとっても同様である。
北朝鮮暴走を抑え、
核ミサイルを撃ち込んだりせぬよう、
日本が中国の影響力を期待し、
頼み込んでくる「朝貢国」的状況は、
これまた理想的な状態である。

しかし、北朝鮮が小規模な核兵器を保持し、
一、二発の弾道長距離ミサイルなどを持ち
「何をしでかすか分からぬ」ように見える状況は、
とりわけ、米国の東アジア戦略にとって、
最も好ましい状態なのだ。

北朝鮮に最も影響力を及ぼしているのは、
実は米国である。

一般には、中国と考えられているがそうではない。

北朝鮮の核ミサイルは、日本だけではなく、
中国に向けられる可能性があるものだ。

つまり、
かつてのキューバ危機がそうだったように、
北朝鮮が米国との「友好関係」を築けば、
中国と日本は目の前に、
核ミサイルを突きつけられることになる。
したがって、中国は、
北朝鮮を自分の影響下に置くために、
油や食料等を援助せざるを得ないのである。

これが現実政治であり、
国際社会ではごく当たり前の外交的視点である。

新雑誌『言志』は、
戦後日本の「閉ざされた言語空間」を解体し、
解放する。

新雑誌『言志』は、
どのメディアも果たせなかった
「日本」を主語とした、
自由な言語空間を創り出す。

執筆は、老中青の世代バランスの取れた
一流の執筆陣が担当するが、特筆したいのは、
三十代四十代の、これからの日本の思想潮流を
担うだろう執筆者たちを選りすぐった事である。
「戦後日本」から「日本」へという、
日本を主語とした言論潮流には
欠かせない人材だからだ。

この言論潮流は、
これまで戦後六十七年間が、果たせなかった
「戦後日本」から「日本」への脱却を
創り出すだろう。
ハンチントンが「文明の衝突」で語ったように、
世界の中で独自の文明を築き、
世界最古の歴史と伝統の国「日本」が、
本来の姿を取り戻し、
復活する道を開く言論思想運動となるだろう。

雑誌名の「言志」は、
江戸時代の儒学者佐藤一斎の
「言志四録」から採った。

「言志四録」は、
西郷隆盛や佐久間象山・吉田松陰等に
多大な影響を与え、
明治維新の原動力となったと言われている。

「西郷南洲翁遺訓」には、次のような言葉がある。


命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、
仕抹に困るもの也。
此の仕抹に困る人ならでは、艱難を共にして
国家の大業は成し得られぬなり。


新雑誌『言志』は、
日本で最も「仕抹に困る」雑誌でありたいと
願っている。

読者諸氏におかれては、どうか、
この「始末に困る」雑誌『言志』を
育てていただきたく、
よろしくお願い申し上る次第である。



◇日本を主語とした電子言論マガジン『言志』創刊!◇

「日本を主語とした言論」を、テレビ(スカパー!)、
インターネット(So-TV、YouTube、ニコニコチャンネル)、
映画(「南京の真実」)、書籍(チャンネル桜叢書)など、
様々な形で世に問うてきたチャンネル桜が、
新たなる情報発信を開始いたしました!

その名も 『言志 −Genshi−』。
インターネット上で購読するデジタル・マガジンです。

気鋭の執筆者達が論陣を張るほか、
チャンネル桜の人気番組「闘論!倒論!討論!」や、
各キャスターのコラムなどを、
テキストと動画で振り返るページもあります。

その充実度を認めていただいたのか、
8月1日の創刊以来、わずか4日足らずで、
総閲覧数4万3千越え、
総ダウンロード数6千3百越えという、
破格の反響をいただいております!

なお、創刊記念として、
最初の1週間(8月7日まで)のみ、
全編を無料で御覧になれます。

8月8日以降は、
「パブー」(電子書籍サービスサイト)への
無料登録と購入(1冊380円)が必要になります。

戦後日本の「閉ざされた言語空間」解体を目指す
『言志』の真髄に、ぜひ、触れてみてください!

【電子言論マガジン『言志』公式サイト】
http://www.genshi-net.com/

【言志】日本を主語とした電子オピニオン誌創刊!
[桜H24/8/4]
http://youtu.be/y0kStNghvTU
http://www.nicovideo.jp/watch/1344064214



・・・というわけで、私も拝見致しましたが
中身が濃いですよぉ〜

勿論、内容にも読み応えがありますが、
尖閣諸島の接近写真や海底写真も圧巻です。

始末に困る雑誌としての成長が楽しみです。

個人的には、
専門的なことを解り易く述べて下さる三橋貴明氏や
藤井聡氏、中野剛志氏、倉山満氏が好きです。

とにかく私が勉強不足で
知らない方も大勢、書いていらっしゃるので
色々と読ませて頂きたいと思いました。

とにかく、たぁ〜っぷりあるので・・・・
嬉しい悲鳴です♪



それにしても・・・、
在韓国日本大使館の真向かいにある慰安婦の銅像。

何なんですか、あれは?

真正面に向いて座っちゃってる銅像・・・

誰が作ったのか知らないけど、
公道に設置したからには
韓国政府も知らなかったとは言えないでしょ。

あんなものを目の前に置かれても黙っている。
馬鹿にされてるとは、このことだわね。

そんな国と友好関係を築く必要はありません。

国交断絶、支援もおしまい。さようなら。

ついでに、
母艦を作れる中国への支援もおしまいね。



フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 05:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記