2012年07月24日

尖閣で支那は法的に勝ち目なし!・・・だそうで

尖閣関係が続いてますが
原発のことも書きたいよぉ〜・・・・

じゃあ、書けばいいじゃんっ!

(#^.^#)

でも、尖閣のことを書きます。

今日は、防衛大学の村井友秀教授のお話を紹介します。



*************

【 尖閣で中国は法的に勝ち目なし 】

防衛大学校教授・村井友秀 
2012.7.23 03:19 [尖閣諸島問題]

現在、日中両国民が互いに悪感情を抱く最大の要因は、
尖閣諸島問題である。

尖閣諸島について、日中両国政府はともに
固有の領土であると主張している。

世界の常識に照らして、
日中両国のどちらの方に分があるのであろうか。


 ≪国境画定の要素を満たさず≫

国際法には、国境線を定めるルールがある。
それによれば、国境線は、
「先占(せんせん)」
「割譲」
「時効」
「添付」などで決まる。

「添付」とは、
干拓や海底火山の噴火などによって、
人工的、自然的に新しい土地が生まれ、
その土地が領土になることである。

「時効」とは、
領有の意思をもって相当の期間、
継続的かつ公然と占有することによって、
その土地が新しい領土になることである。

ただし、国際法では
時効の完成期間は明確にされていない。

「割譲」は、
国家間の合意(領土割譲条約)により
領土の一部の主権が移ることをいう。

領土は国家間の合意(条約)で
「譲渡」、「交換」されることもある。

なお、現在では、武力行使により
他国領土を強制的に取得しても
領有権が移ったとは認められない。

「先占」は、先に占有した国に
土地の領有権を認めるものだ。

ただし、

(1)先占の主体が国家である
(2)対象地が無主地である
(3)実効的な占有を伴っている
(4)国家に領有意思がある

−という条件を満たしていなければならない。

日本政府は1895年に
尖閣諸島が無主地であることを確認し、
閣議決定により日本領土とした(先占)。

************

凄く勉強になりました!

1895年以前に支那が領土だとした記録は?
無さそ〜♪


もぉ〜一つ、フィリピンのニュースです。
尖閣じゃなくて南沙諸島とかスカボロ砂州の問題ね。

************

比大統領 海・空軍の増強表明
7月23日 23時49分

フィリピンのアキノ大統領は、議会下院で演説し、
南シナ海の浅瀬の領有権を巡る中国との対立で、
一歩も引かない姿勢を強調するとともに、
国防能力を強化するため、
海軍と空軍の軍備増強を進める考えを示しました。

フィリピンのアキノ大統領は、23日、議会下院で、
今後1年間の施政方針について演説しました。
このなかでアキノ大統領は、
南シナ海のスカーボロー礁という浅瀬の
領有権を巡る中国との対立に触れ、
「浅瀬を諦めろという声もあるが、
自分たちが正当に領有しているものを
譲り渡すのは間違っている」と述べ、
中国に対して一歩も引かない姿勢を強調しました。

そのうえで、来年までに、海軍に、
新たにフリゲート艦1隻とヘリコプター2機を、
また空軍には、輸送機2機などを配備することを
明らかにし、「長い間不可能とされてきた、
自力での防衛を実現するためだ」と述べて、
軍備増強に力を入れていく考えを示しました。

スカーボロー礁など南シナ海の島々の領有権争いを巡って、
フィリピンは、軍事面では中国に対抗できないため、
外交面で国際社会からの支持を取り付けようとしています。

しかし、中国の海洋進出の動きが強まっているとして、
国民の間で政府への不満も高まっており、
アキノ大統領は強い姿勢を打ち出すことで
国民の理解を求めるねらいがあるものとみられます。


************

ということです・・・

国民の理解を求める狙い・・・なんか日本語が変です。
「求める」って自分がすることだから狙わなくても・・・

これ、NHKニュースです。

どんな理由にしろ、日本よりも常識的です。
国家予算が少なくても頑張る・・・・



さてさて・・・

反原発について書きたいけど長くなるので
次回にします。


でも、あのアホウドリ・・・
あっ鳩でしたね、あの鳩ポッポが
未だに飛び回っているみたいですね。

もぉ〜病気だわね。隔離しないと・・・


反原発のデモに参加して、皆さんと握手して
あげくの果てには首相官邸に突入・・・・

野田首相は九州の被災者見舞いでお留守。
鳩山ほんとは知ってたんじゃないの?

何しろ、元首相でしたからね。


それにしても、反原発のデモ参加者だって
いい迷惑だったかもしれない・・・


おぼっちゃま君って
正しい自己評価が出来ないのかな?


ほんと・・・、バカは死ななきゃ治らない・・・


鳩山氏の場合、死んでも治らないかもしれない。




フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 03:51 | Comment(11) | TrackBack(0) | 日記