2012年07月03日

尾てい骨への打撃!

先日は最悪の日曜日だった・・・・

まずは、表で伸びすぎた木の枝を切っている時に
ずりっと足場を崩してバランスを失った。

その瞬間、脳では瞬時に色々なことを考えているんだけど
身体の動きがついていけません。

やはり年には勝てない・・・・悔しいけど・・・運動不足。

右手にハサミを持ったまま門柱に掴まった。
でも、ハサミがあるから中途半端で下半身は
ずるずると倒れてしまった。

海老反り状態・・・・(#^.^#)


その時、やはり転ぶしかないと悟った私は、
少しでも酷く転ばない様にと
左手を門柱に・・・・・

しかし、やはり年には勝てずに・・・
左手をついた所にハサミの先が・・・(汗)

そりゃあ、刺さるわなぁ〜(T_T)

誰にも見られなかったから、直ぐに態勢を整えて
植木の剪定を続けました。

ブーゲンビリアのトゲトゲも痛いし・・・
もう腕が傷だらけです。


それでも、ずっと気になっていた道路側に張り出した
枝を切ってすっきりしました。

この時の後遺症は多分、掌と腰。

尖ったハサミの先で刺しちゃったのと
準備運動無しの海老反り。


そんなことを忘れた頃、
わんこ達を洗って犬小屋の掃除。

朝から重労働で、
もう・・・疲れた・・・・・・・

シャワーして、少しお昼寝したいと思った。

足の裏を洗う際、転倒すると危ないし
疲れているので用心のために座って洗おうと思ったら
何故か、石鹸でつるつるの床でバランスを崩した。

気をつけすぎちゃっって逆の作用が・・・

その時は、恐ろしいスピードで
脳裏に考える時間が殆ど無くて、
自分の左足が変な角度に曲がったまま
目前のタイルの壁に激突して
全体重を真に受けてしまった。

その時の気の毒な左足のポジションが
未だに目に焼きついたまま・・・・

踏ん張れるかと思ったけど
やはり、何度も繰り返しますが、年には勝てず、
石鹸の滑りに負けて
右足も無残に折れ曲がってしまい
引力の為すがままに臀部をしたたかに打って
ぺったり座り・・・・

この時の悲鳴は、既に寝ていたロニーでさえもが
飛び起きてしまった程でした。

自分の回想としては、
悲鳴っていうか滑り止め気合だったんだけど(笑)
瞬時に痛さの悲鳴に変換したみたいです。

☆⌒(>。≪)

暫く息が出来なかった・・・・骨が折れたと思った。

少し落ち着いて足を見ると、段々、腫れてきた。

息を整えて風呂場から寝室へ向かう。

恐ろしい時間がかかったぜ。

そこで、ベッドになだれ込みたい私だったけど
足を助けたい一心で、ドクターにTEXT。

質問は、冷やすの?温めるの?

反対をやったら悪化するから確認しました。

ドクターから即時返信。「48時間冷やす」


ところが正しい応急処置の足を冷やすですが
冷やしながら寝るのが難しかった。

足の痛みばかりが目立っていたんですが
仰向けになって気づいたんだけど、
臀部・・・・それも尾てい骨が痛い・・・・

やっぱり、シッカリと尻餅をついたのだ。

凄く難しいポジション・・・
半斜めになって横になって寝る。

寝た気がしないけど、疲れていたせいか寝れた。

日・月と、そうやって寝てますが
今朝、起きて、新たなる異常な痛みが・・・・

今度は左腕、手首から肘の間が痛い・・・・・何故?

原因不明ですが、
どちらかの転倒時の後遺症だと思います。

だいたい、何故、転んだのかわからない。

普通に座ろうとして転んだんだけど
いきさつを思い出せません。

それにしても早く治って元気になりたいです。

身体が動けないと、ほんと、何かと不便で・・・

そんな分けで、
気の毒な「尾てい骨ちゃん」も結構、痛いので
あまり座っていられません。このへんで。




フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 15:45 | Comment(10) | TrackBack(0) | 日記