2012年06月04日

シャングリラ・マカティでムカついた話

以前はミーティングがあると
必ずホテルのロビーかコーヒーショップが多かった。


先日、久しぶりにマカティ市にあるドゥシットへ。

パンを買っていたら、コーヒーショップから
顔なじみのウエイターが出てきて笑顔でご挨拶。

久しぶり〜わーい(嬉しい顔)

この人、もう20年位、ここで働いている主。(笑)

たまには来てねぇ〜と言うので、勿論よぉ〜と答えた。



でも、先日のミーティング場所は、ドゥシットじゃなくて
シャングリラ・マカティだった。

天井の高いガラス張りのロビーはゴージャスです。

香港などでも最高級と言われる5星ホテル。


サービスも期待しちゃいますよね〜


ロビーのウエイトレス。態度がでかい。

あんた何様?モードで仕事をしている。


断っておきますが、全員ではなかった。
感じの良い笑顔の女性もいました。


しかし、躾がなってないという印象を受けた。

最近できたSMサウスのレストラン、メサだったかな?
ここの従業員教育に負けてるよ。(笑)

きめ細かさ、感じの良さ、思いやり・・・全て負け。


なんと言っても仕草が乱雑。

リネンや小物は投げるからね・・・(-.-)

全員が、非常に背が高くてモデルさんみたい。
ロングドレスをひるがえして闊歩してる。

だけど、素敵じゃないのね、なんだか高圧的な印象だ。


椅子の数が足りなかったのでマネージャーに要求。

マネージャーは小柄で感じが良かったけど、
その人が指示を出す前に、小耳に挟んだウエイトレスが
近くにある椅子を投げつけた・・・・

投げつけたという印象。(笑)

実際には、重い椅子なので投げるわけはないけど、
床を滑らせて椅子の向きを変え、我々のテーブルの角に放置。

な、なんなんだっ!!(@_@;)

この時点で凄く不愉快。

マネージャーが見当たらないし、
ミーティングが始まったので、我慢。

我慢したくないけど、我慢した。


次に腹が立ったのは、飲み物が出てきた時。
8人が同じ飲み物でした。

でも、私のは冷えていないのがきた。

な、なんなの?

眺めると6本分はキンキンに冷えていた。

氷も入っていないから
冷たいのと変えてくれと要求すると、
謝らずに、あっそう?という感じで引っ込める。

温厚な人は、氷をもらって問題無しなんでしょうが
氷で薄められるのが嫌な人が多いから
キンキンの冷たいものを持ってくるんですよね。


自分には落ち度がないのに、
この婆は何を我がまま言っているんだという態度。

私は内心、
冷えている瓶が品切れなのかなぁと思ったけど
運んできたのは、
ちゃ〜んとキンキ〜ンに冷たいを持ってきた。

再びビックリ仰天です。\(◎o◎)/!

そして、何故か、早く片付けたがる。

これも他のレストランやホテルでも多くみられる。

だけどね、限度ってものがあるんですよ〜

食べ物が入っている皿も、持っていこうとする。

何故?  まだ食べているでしょ〜?

それでも、掴んだ皿を放さずに、
「もう下げても宜しいですね」を連呼する。

なんか強制的な雰囲気が漂よう。

日本人は優しいので、
皿の中のものを急いで自分の皿に移動したり・・・

自分の設けた場ではないので我慢していたけど
非常識も甚だしいサービスでした。


呼んでも気がつかないというのは多いので
あまり気にならないんですけど
国際価格でサービスを提供する5星ホテルにしては
かなりお粗末な社員教育をしていると思いました。

もしかしたら、してないとか・・・(;´Д`)

後で、マネージャーを見かけたので
苦情を言おうと思ったんですが
客の去ったテーブルの後片付けをしていて
お盆で汚れた食器を何度も何度も運んでいた。

それは貴方の仕事じゃないでしょ〜・・・・


ここにも我が国同様に
リーダーになれない人が管理職に就いていた。

そういう作業はウエイトレスの仕事です。
プロにまかせましょう。

20センチ以上も身長差があると
チビちゃんの言うことなんか聞かないのかしら?

・・・・なんて馬鹿なことも頭をよぎる。


見ていて気の毒になってしまったので
文句を言うのはやめました。


アロヨ大統領も小さいかったけど・・・
大の男達がへこへこ仕えていましたよね。


だから身長って関係ないんでしょうが、
権限に見合った態度がとれる資質が必要です。


個人的には
自分の接待では使えないホテルだなぁ〜と実感。

そういえば思い出しました。

以前、ここのレストランで接待した時、
ゲスト優先で配膳せずに、
私を優先して困ったことがありましたっけ・・・

その時は直ぐに注意しましたが
そんなことをお客に注意されるような店は
ウエイター以前に、店長の責任でしょう。

それ以外、そこは使ってません。

味云々は二の次です。サービスは大切です。

そういうと、まずくてもいいのか!とか
仰る方がいらっしゃるけど・・・そういうのは無視。


不味いのは論外。

味なんて、
そんなにびっくりする程の差は無いと思っているので
やはりサービスを重視します。


それでも、バレー係の男性陣は
みぃ〜んな感じが良かったのが救いです。


私は、全然、我侭な客ではありませんので
何処かの阿呆な客と違いまして
無理難題を言ったり、多くを要求したり、
簡単に不満を持ったりはしません。

そういう招かれざる客には
なりたくないと、常々思っています。


でも、限度を超えた態度を見ると

もぉ〜・・・・

不愉快を通り越して気分が悪い。


その位、酷かったので
匿名にしないで書いてます。

もっとも、
SMサウスのスーパーの文句話も
いつも名指しですが(笑)


設備が最高級でも中で働く人間が最低だと
本当に、もったいないですね。

社員教育の見直しと、監視強化でしょうね。

素晴らしいお重箱に不味い料理が入っていた・・・

そんなガッカリ感でした。



フィリピン情報 ブログ村

posted by シュガー at 13:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記